Close-up_logo

ギャラリー和田

ISSUED | 2021.09

人気作家の作品を自宅で楽しむ贅沢をインテリアに合わせて作品を提案

人気作家の作品を自宅で楽しむ贅沢をインテリアに合わせて作品を提案

遊びゴコロあるユニークな鬼のモチーフで部屋をお気に入りの空間に

 「ギャラリー和田」は、1984年の創業以来、若手から巨匠まで、近現代の洋画・日本画を幅広く扱う銀座のギャラリー。現代作家たちの新作展覧会を月2回のペースで開催しているという。
 「ギャラリー和田」が今最もお勧めする作家、瀧下和之はパネルにアクリル絵の具で描き、彫刻刀で輪郭を彫る技法で、ユーモラスで可愛らしい鬼を描いた桃太郎図シリーズをライフワークにしている画家だ。日本伝統の風神雷神図や龍虎図など迫力ある作品を多く手掛け、愛知のメナード美術館や箱根の成川美術館、熊本市現代美術館等にも多数展示収蔵されている。
 桃太郎図シリーズは、人の日常を描いているため、それぞれの所有者や、その家族の日常、趣味などに沿ったモチーフも多い。また、絵画以外にも絵本やフィギュア、カルタなど、タカラジェンヌや故第58代横綱千代の富士とのコラボレーショングッズも展開している。
 美術館にある作家作品を自宅で楽しんでみたいという方は、自宅のレイアウトやテイストにあわせた作品を提案してくれるそうなので、ぜひ一度相談をしてみてはいかがだろうか。

左.作品の鬼の図柄は、遊びやスポーツなど日常の生活を題材にしている。 中央. 千代の富士の直筆「道」・「心技体」の文字とのコラボ扇子や、タカラジェンヌとコラボしたカルタなども販売。 右.赤鬼のぬいぐるみも人気。

左.作品の鬼の図柄は、遊びやスポーツなど日常の生活を題材にしている。 中央. 千代の富士の直筆「道」・「心技体」の文字とのコラボ扇子や、タカラジェンヌとコラボしたカルタなども販売。 右.赤鬼のぬいぐるみも人気。

「鬼フィギュアDX」高さ62.5×幅33.4×奥行35㎝。ソフトビニール素材で、顔を傾けて表情を変えることも可能。色は赤、黒、青、桃、白の5色。桃、白は5色セットのみ(バラ売り無)で1体396,000円。5色セットは(限定10セット)1,800,000円。

「鬼フィギュアDX」高さ62.5×幅33.4×奥行35㎝。ソフトビニール素材で、顔を傾けて表情を変えることも可能。色は赤、黒、青、桃、白の5色。桃、白は5色セットのみ(バラ売り無)で1体396,000円。5色セットは(限定10セット)1,800,000円。

INFORMATION

画集刊行記念 瀧下和之展

会期:9月22日(水)~28日(火)
会場:日本橋髙島屋S.C本館6階美術画廊 

受付で「アフルエントを見た」とお伝えいただいた方に
千代の富士直筆の文字と鬼をコラボした一筆箋(先着10名様限定)をプレゼント!

ギャラリー和田

TEL:03-3561-4207
住所:中央区銀座1-8-8三神ALビル1F
交通:東京メトロ有楽町線「銀座1丁目駅」10番出口より徒歩2分、JR「有楽町駅」より徒歩5分
営業時間:11:00~18:30
休日:日曜、祝祭日、常設時の土曜



SHARE THIS ARTICLE この記事をシェアする

RELATED ARTICLESこちらの記事もおすすめです

  • 特集

    優雅にスパイシーなひとときをホテルの絶品カレーライス

    この記事を読む

  • 東京グルメバトン

    リストランテ山﨑 | 乃木坂

    この記事を読む

  • お取り寄せマルシェ

    りんご「トキ」「紅いわて」

    この記事を読む

  • クローズアップ

    まるでリゾートマンションのような「ラビドール御宿」
    で充実したセカンドライフを

    この記事を読む