AFFLUENT monthly features 特集記事

コンサートマスターが語るオーケストラの妙味

ISSUED | 2016.07

東京都交響楽団の矢部達哉さんが誘うオーケストラという非日常の世界。コンサートに立ち会うすべての人々の集中力が最高潮に達した時、 ホール全体は奇跡のような幸福感に包まれる。
写真/椿 孝 取材・文/香取ゆき 撮影/東京文化会館

心を豊かに満たすオーケストラという非日常

美しい音色の背景には演奏者の数だけ人生がある

開演を知らせるベルが鳴る。満場の拍手に迎えられて現れた指揮者がタクトをふりあげると空気は一変。咳払いすることもはばかられる心地よい緊張感が広がる。いよいよコンサートの始まりだ。広いステージに居並ぶ一流の音楽家たちが美しいメロディを奏で始めると、ホール全体は得も言われぬ幸福感で満たされる。

そんなオーケストラの感動にノックアウトされてしまった一人が東京都交響楽団でソロ・コンサートマスターを務める矢部達哉さんだ。中学2年生のとき、カラヤンとベルリン・フィルのコンサートで聴いたベートーヴェンの交響曲第5番『運命』が、オーケストラに入る運命を決定づけた。

「ベルリン・フィルが奏でた最初の一音にのけぞってしまいました。それまでレコードを聞いて子供なりに心を震わせていましたけど、マイクを通さないオーケストラの豊かな音の響きはどんなに高価なオーディオ機器でもかないません。ホールの隅々にまで音が満たされていく感動は、生で聴くオーケストラでしか経験できないものでした」

様々な楽器が奏でる迫力ある演奏も良いが、〝静けさ〞もまたオーケストラの醍醐味だと矢部さんは言う。

「静かなところへ行って心を満たす体験がしたいと思ったとき、オーケストラのコンサートほど最適なものはありません。生活の中で本当に静かな時間って少ないじゃないですか。誰かがテレビを見ていたり、誰かが食器をかたづけていたり、常に生活音がしています。オーケストラは大きな音だけでなく、霧が立ち込めた湖のようにシーンと静まり返った無音の静けさも奏でます。それは日常では経験したことがないような、グッと心がつかまれるような瞬間です」

そして忘れてはならないのは、聴衆もオーケストラという芸術を構成する重要な要素であること。

「良いコンサートは、もれなく聴衆の皆さんも素晴らしいです。お客様が喜んでいるか、退屈しているかは、演奏している僕たちにはよくわかります。お客様が集中力を持って聴いてくださっていると、相乗効果でこちらの集中もますます高まっていきます。僕たちにとっては数あるコンサートの1つでもお客様にとっては一生に一度のコンサートかもしれません、一期一会の気持ちで、いつもベストをつくすように努力しています。ぜひお客様からも僕たちにパワーを与えてください」

撮影/東京文化会館
どんな質問に対しても真摯に答えてくれた矢部さん。この人柄に皆、惹きつけられるのだ。

あらゆるものを内包して成長を続けるオーケストラ

22歳でソロ・コンサートマスターに抜擢されて今年で26年。四半世紀を経て都響の音はますます緊密度を増し、よりダイナミックになっている。

「部品を交換しながら航海を続ける頑丈な船のように、オーケストラは時間の経過とともに演奏者が入れ替わります。若返れば素晴らしい音になるかというとそんなことはなくて、やっぱり何十年もそこで築いてきた音楽性がなければ奏でられない音もある。さまざまな世代や音楽性、人間性がミックスされてオーケストラは成長していくものなんです。僕にとってオーケストラは家族のような存在でもあるので、より良くしていこうという気持ちはいつまでも消えません。手前味噌になりますが、全員のギアがぴったりあった瞬間の表現力や、みんなが100%を出し切って聴衆に届けようという姿勢は他のどのオーケストラにも負けません」

しかし100名近い演奏者一人ひとりのコンディションやモチベーションを常に高く保つことは難しいとも言う。

「オーケストラの中にはお母さんが病気で心配という人もいれば、子供がグレて困っている人もいるかもしれない。全員が全員万全ではない状況でベストな演奏するにはどうしたらいいかをいつも考えています。僕自身が最初にくじけてしまうときもあるんですよ。そうすると周りの団員が『大丈夫 だよ』ってサポートしてくれるんです。オーケストラはチームワーク。コンサートマスターは支えてもらう仕事なんだって最近気が付きました」

美しい音色の背景には演奏者の数だけ人生がある。それぞれの喜怒哀楽を包み込んでさらに高みを目指そうと一致団結して奏でる音楽だからこそオーケストラは人の心を打つのだろう。

1. 7歳の発表会にて。この後ベルリン・フィルとの衝撃的な出会いを経て、コンサートマスターへの道を歩むことになる。
2. 若き日の矢部さん。朝比奈隆氏、小澤征爾氏、若杉弘氏、フルネ氏、インバル氏、ベルティーニ氏ほか、これまでに多数の著名指揮者との共演を果たしている。
3. コンサートマスターはオーケストラのまとめ役。一般には第1ヴァイオリンの首席奏者が務め、指揮者の指示をオーケストラに伝える橋渡しのような存在だ。
どんな質問に対しても真摯に答えてくれた矢部さん。この人柄に皆、惹きつけられるのだ。

待ちにまったアラン・ギルバートとの共演。アランと都響は相性抜群。コンサートはあまり……という方も、今回ばかりは是非聴衆のひとりに加わってほしい。(2016年1月30日公演ゲネプロ(最終リハーサル)にて、アラン・ギルバートと。)

都響とアラン・ギルバートがマーラーで火花を散らす

オーケストラには指揮者の存在も欠かせない。「奇跡のような演奏は良い指揮者を得たときに起こる」と矢部さん。

この夏、都響はニューヨーク・フィルで音楽監督を務めるアラン・ギルバートさんを迎えてコンサートを開く。東日本大震災直後の2011年7月に初共演し、今年の1月に2度目の共演を果たしたばかり。これらの公演はいずれも奇跡のような演奏が実現した。

「アランは指揮台から発するパワーがすごいんです。指揮者として何がしたいのか、聴衆に何を伝えたいのかが明確に伝わってきます。ブラームスやベートーヴェンの「名曲中の名曲」から新鮮な音楽を引き出してくれました。彼には日本人の血が流れているからなのか、非常に短い時間で心が通い合いました。素晴らしい指揮者として尊敬もしているんですけど、彼が話す日本語はやんちゃな中学生みたいでとても可愛いんですよ」

3度目の共演となる7月の公演ではマーラーの交響曲第5番 嬰ハ短調を演奏する。

良き指揮者と良きオーケストラとの出会いが生み出す奇跡

「ヴィスコンティ監督の映画『ベニスに死す』('71)で一躍有名になった曲です。非常に美しい調べがあったかと思えばダイナミックな部分もあって、オーケストラの醍醐味を余すことなく堪能していただけると思います。マーラーは都響の十八番。アランも得意としていますから、協調するのではなく、火花を散らす感じでやってみたいですね。そこから何か化学反応が起きて、前回にも負けない奇跡のコンサートになるんじゃないかと僕自身も期待しています」

さらに、映画「アマデウス」で広く知られているモーツァルトの交響曲第25番ト短調も演奏される。ホールデビューをするには、またとないチャンスだ。オーケストラを楽しむコツとして、最後に矢部さんが教えてくれたのは、人柄がよく表れた人間味あるアドバイスだった。

「感動は誰かと分かちあうことで2倍にも3倍にもなるので、一人よりも家族や友達と見に来ていただきたいです。コンサートの後に美味しいディナーなんて最高の1日じゃないですか。本当に豊かな気持ちになれると思います。僕も家族と聴きに行きたいくらい(笑)。日曜日の昼下がり、サントリーホールでお待ちしています」

東京都交響楽団

Tokyo Metropolitan
Symphony Orchestra
東京オリンピックの記念文化事業として1965年東京都が設立(略称:都響)。2015年に創立50周年を迎え、現在、大野和士が音楽監督、小泉和裕が終身名誉指揮者、エリアフ・インバルが桂冠指揮者、ヤクブ・フルシャが首席客演指揮者を務める。《首都東京の音楽大使》として、これまで欧米やアジアで公演を成功させ、国際的な評価を得ている。2015年11月にはベルリン、ウィーンなど5 ヶ国6都市をめぐるヨーロッパ・ツアー(指揮/音楽監督・大野和士)を行い、各地で熱烈な喝采を浴びた。
http://www.tmso.or.jp

公演情報

都響スペシャル
2016/7/24(日)14:00開演(13:20開場)
第812回 定期演奏会Bシリーズ
2016/7/25(月)19:00開演(18:20開場)
会場/サントリーホール
指揮/アラン・ギルバート
管弦楽/東京都交響楽団
モーツァルト:交響曲第25番 ト短調
K.183(173dB)
マーラー:交響曲第5番 嬰ハ短調

ギルバート×都響 静かな情熱を秘めたアダージェット
モーツァルト:交響曲第25番ト短調 K.183(173dB)
マーラー:交響曲第5番 嬰ハ短調

コンサートの前に優雅なひとときを…

ホテルオークラ東京(サントリーホール徒歩10分)中国料理「桃花林」ランチへご招待チケットをご購入いただいた方の中から5組10名様にプレゼント※申込締切2016/7/14(木)

好々菜ランチコース

  • ※月替わりのメニューのため、
    実際の内容とは異なります
    ※ランチは2016/7/24(日)となります
    ※抽選結果の発表は発送をもって代えさせていただきます
    ※2016/7/14(木)18時までにお電話でご購入いただいた方が対象となります

PROFILE

東京都交響楽団
ソロ・コンサートマスター

矢部達哉

1968年生まれ、東京都出身。
89年桐朋学園ディプロマコース修了後の90年、22歳の若さで都響ソロ・コンサートマスターに就任。
小澤征爾率いるサイトウ・キネン・オーケストラや、ジャパン・チェンバー・オーケストラのコンサートマスターとしても活動している。
ソリストとしても数々の著名指揮者と競演し、好評を博す。アルティ弦楽四重奏団のメンバーとして定期演奏会も行っている。
95年第5回出光音楽賞、平成8年度村松賞、96年第1回ホテルオークラ音楽賞受賞。上野学園大学音楽・文化学部教授。ソロCDには『ソット・ヴォーチェ』『エシェゾー』『レザムルーズ』などがある。

END

SHARE THIS ARTICLE この記事をシェアする

RELATED ARTICLESこちらの記事もおすすめです