AFFLUENT monthly features 特集記事

新春浅草歌舞伎でニッポンを楽しむ

ISSUED | 2017.11

 

今や世界中の人々を魅了する、日本が誇る伝統芸能「歌舞伎」。
日本には、「侘び寂び」のように、感性を大事にする文化がある。
歌舞伎の華やかさ、ユーモア、そして美しさは、そんな私たち日本人の感性をくすぐり続け、
誕生から400年を経て、「クールジャパン」の代名詞的存在として、ますますその注目度が高まっている。
今や歌舞伎を観るということは、日本人のたしなみだと思う。

2017年「新春浅草歌舞伎」より「棒しばり」(右・次郎冠者:尾上松也、左・太郎冠者:坂東巳之助)舞台写真提供:松竹株式会社

ショービジネスの街 浅草が華やぐ! 浅草から始める歌舞伎ライフ!

日本文化を感じられる街として、海外からの観光客にも人気の浅草。 実はこの浅草、伝統芸能の歌舞伎とは、切っても切れない縁があるのだ

歌舞伎初心者にもおすすめ新春浅草歌舞伎の楽しみ方

伝統芸能と聞いて「歌舞伎」と答える人は多い。歌舞伎は演者を含めていつの時代も常に注目を集める、日本を代表するエンターテイメントだ。しかし、「歌舞伎は難しい」「敷居が高い」などの理由から、実際に公演を観たことが無い人が多いのも事実。気になる存在ではあるが観たことはない。歌舞伎とは実に不思議な存在だ。そこで今回の特集では、歌舞伎未体験の方におすすめの、「新春浅草歌舞伎」をピックアップする。

今でこそ、歌舞伎=浅草と連想できる人は少ないと思うが、江戸時代、浅草は江戸随一の繁華街として栄え、現在の浅草公会堂のある場所からほど近い猿若町には、江戸三座と呼ばれる幕府公認の芝居小屋があり、日常的に歌舞伎が上演されていたのだ。
戦後、浅草での歌舞伎興行はしばらく途絶えていたが、もう一度浅草に歌舞伎を呼び戻そうという機運が高まり、昭和55年に「初春花形歌舞伎」として興行を復活。以降、花形(若手)役者が出演する、初心者でも気軽に楽しめる歌舞伎として定着し、現在は「新春浅草歌舞伎」として、新たな歌舞伎ファンを増やしながら、新春の風物詩として親しまれている。

  • お客様をお出迎えする浅草の芸者衆。 この「浅草総見」も楽しみの一つだ。

  • 「着物で歌舞伎」の日には、劇場スタッフも着物でお客様をお出迎え。着物で観劇すると記念品がもらえる、お正月公演ならではの催し。

  • 「浅草総見」のために、浅草の芸者 衆が人力車で会場に乗り付ける。

  • 会場となる浅草公会堂前には、上演演目 の場面を描いた「絵看板」や、役者の名前を書いた「招き看板」が掲げられる。

普段は観ることができない花形役者演じる大役がみどころ

伝統芸能である歌舞伎では、経験を多く積んでこそ一人前と認められるため、大役はベテランの俳優が勤めることが多く、若手が演じることは少ない。そんな歌舞伎公演の中で、「新春浅草歌舞伎」では若い俳優に大役を任せ、〝若手歌舞伎俳優の登竜門〞として上演が行われている。若手が古典歌舞伎から新歌舞伎、舞踊の大役に取り組み、成長・飛躍の場として活躍する。そんな次代の歌舞伎界を背負う俳優たちを観られるのが、「新春浅草歌舞伎」の楽しみの一つなのだ。

最近の出演者をみても、市川猿之助、片岡愛之助、中村獅童、中村勘九郎、中村七之助や市川海老蔵など、今では大舞台で主役をはるスターたちばかりだ。そして、平成30年新春の出演者には、4年連続の出演となる最年長の尾上松也を筆頭に、中村歌昇、坂東巳之助、坂東新悟、中村種之助、中村米吉、中村隼人という7人の花形が決定。早くも話題となっている。公演の第1部、第2部の開幕に先立ち、出演する俳優が公演ごとに交代で登場し、年始のご挨拶を行う「お年玉 〈年始ご挨拶〉」。これも通常の歌舞伎公演では見ることのできない、「新春浅草歌舞伎」ならではの楽しみだ。25日間の公演期間、浅草の街中には公演ポスターが飾られ、まさに浅草あげての催しとなる「新春浅草歌舞伎」。

歌舞伎には、日本人が好むユーモアがあり、ぞくっとするような美しい立ち居振る舞いがあり、それが私たちの心にズンと響く面白さがある。日本の伝統、しきたりが色濃く残る正月に、日本を代表する伝統芸能の歌舞伎を楽しむ。そんな華やかな新春の過ごし方なら、きっと良い一年が過ごせるに違いない。

公演概要

会期: 2018年1月2日(火)~1月26日(金)
第1部: 11:00~/第2部: 15:00~(予定)
※1月20日(土)第2部は、「着物で歌舞伎」の日

 
  • チケット情報 11月20日(月)午前10時より電話予約・Web販売開始●チケットホン松竹(10:00 ~18:00) ナビダイヤル 0570-000-489または03-6745-0888 ●窓口販売所 11月22日(水)~歌舞伎座、新橋演舞場、大阪松竹座、サンシャイン劇場 12月20日(水)~浅草公会堂
  • 観劇料金 1等席 9,000円/2等席 6,000円/ 3等席 3,000円※すべて税込お問合せ:チケットホン松竹(10:00~18:00) ナビダイヤル0570-000-489

1 2

SHARE THIS ARTICLE この記事をシェアする

RELATED ARTICLESこちらの記事もおすすめです