東京グルメバトン

東京グルメバトン VOL.28

Eme | 武蔵小山

ISSUED | 2018.09

バスク地方の温かみある料理と 多彩なワインを気軽に楽しみ 心まで満たされるビストロ

「うぶか」の加藤邦彦さんからバトンを受け継いだのは 武蔵小山にある「Eme」の武藤恭通(やすゆき)さん。本物の味を知る大人が、ほっとひと息つける隠れ家。

PROFILE

YASUYUKI MUTO
武藤恭通さん

国内の老舗フランス料理店で技術 を磨き、パリ、ブルゴーニュ、バ スク地方で本場の料理を学ぶ。多 彩な経験を生かしてニュージーラ ンド、台湾など国や料理のジャン ルを超えたキッチン経験を積む。 帰国後はケータリング出張料理人 などを経て、2018年5月に「Eme」 をオープン。

緑のアーチを抜け辿り着くほっとひと息つける空間

 今年5月、東急目黒線武蔵小山駅近くにオープンした、フレンチビストロ「Eme」。しかし、こう説明したところで、その存在を一見して知ることはなかなか難しい。この店は、通り沿いにあるグリーンショップのさらに奥に店舗を構えているからだ。

「自分の店を持ちたいと考え始めた頃から、このような店構えにしたいという想いがありました。そのこだわりに合う理想の場所を探すのに3年はかかりましたね」。そう笑顔で話すのはシェフの武藤恭通(やすゆき)さんだ。

 植物のアーチを抜け、小上がりを思わせる段差を上ると、広いカウンターといくつものテーブル席を設えた、木のぬくもりを感じる心地よい空間が広がる。「店名の『Eme』とは〝〜を愛する〞という意味のフランス語『aimer』の発音記号です。〝いいものを知っている方々が気軽に来られるお店〞をコンセプトに、肩の力を抜いて好きな方々と集い、美味しい食事やお酒を楽しんで頂きたいという気持ちでつけました」。

カジュアルな雰囲気のなか本格派のバスク料理を提供

 武藤さんがこの店で提供するのは、本場で修行を重ねたフランス・バスク地方の家庭料理だ。

「修行のため現地を訪れたときに、素材を生かしたしみじみと美味しい料理に感動しました。店はカジュアルな雰囲気ですが、しっかりと手の込んだものを提供しています」。料理は前菜からデザートまで、季節ごとに変わるラインナップを、コースのほかアラカルトでも手軽に楽しめる。

 夢だった自身の店をオープンした武藤さんだが、まだ道は半ばだという。「今は自分の〝好き〞を実現した段階ですが、今後はお客様の要望なども取り入れながら、みんなの〝好き〞が詰まったお店にしていきたいです」。

 今日はまっすぐ家に帰らず、どこかで息抜きをしたい。そんな気持ちになったらぜひ、緑のアーチの向こうに足を運んでみてほしい。心落ち着く空間と、温かみある料理が出迎えてくれる。

RESTAURANT INFO 店舗情報

  • Eme (エメ/武蔵小山)

    住所: 品川区小山3-11-2-1F Tranship店内▶︎MAP
    アクセス: 東急目黒線武蔵小山駅より徒歩2分
    電話番号: 03-5751-7636
    営業時間: 火~日11:30~23:00
    定休日: 月曜不定休

THIS BATON FROM...


PASS THE BATON TO

SHARE THIS ARTICLE この記事をシェアする

RELATED ARTICLESこちらの記事もおすすめです

GOURMET BATON 東京グルメバトン 記事一覧