東京グルメバトン

東京グルメバトン VOL.50

産直屋 たか | 神泉

ISSUED | 2020.12

車海老の塩漬け、穴子のたたき、ししゃもの稚魚といった自家製の珍味3種を盛り合わせに。

「鮨 しゅん輔」の高岡俊輔さんからバトンを受け継いだのは神泉にある「産直屋 たか」の小菅貴司さん。日本酒の奥深さを存分に味わえる店だ。

PROFILE

 
小菅 貴司さんさん

1975年生まれ、東京都出身。高校卒業後に料理の世界に入り、和食を中心に複数の店舗に勤務。経験を重ねる中で、素材についてさらに深く知りたいと考え、鮮魚店で魚の仕入れに携わるように。「新鮮な魚介類と日本酒の美味しさを多くの人と共有したい」と、2001年3月に「産直屋 たか」をオープン。

渋谷の喧噪から外れた、神泉駅のほど近く。素朴な温もりのある木の看板を目印に地下へ続く階段を降りた先に、「産直屋 たか」はある。天然鮮魚と全国各地の日本酒を堪能できる店だ。

 料理はお任せコースのみ。日本酒と共に楽しむというコンセプトのため、提供される料理は基本的に酒の肴だ。「産直屋」という名の通り、その日水揚げされた朝獲れ鮮魚を中心に、産地直送の魚介類が並ぶ。シンプルでありながらも考え抜かれたひと手間で、素材の味をストレートに引き出しているのが特徴だ。

 店主の小菅貴司さんが素材選びで重視しているというのが、「生産者の顔が見える」こと。味、鮮度、見た目のすべてに最良を追求し、時に意見を戦わせながら漁師との信頼関係を築いてきたという。産直へのこだわりは料理のみに限らず、日本酒も同じ。造り手の思いを大切に、自らの舌で納得したバリエーション豊かな日本酒を各地から取り揃えている。そして、ユニークなのがその提供スタイルだ。料理との相性やコース全体の流れに合わせ、日替わりで10種類前後の日本酒の試飲サービスを行っている。あくまでも試飲なので、もちろん料金はかからない。季節感を味わうも良し、銘柄による個性を楽しむも良し。気に入ったものがあれば、注文をするという流れだ。

「いろいろな日本酒を手軽に楽しんでいただきたいと考え、このスタイルに行き着きました。お客様にとって自分好みの一本が見つかるきっかけになれば、とても嬉しいです」

 上質な肴につい酒が進み、味わいと香りの変化にまた箸が伸びる。日本酒の楽しみ方の幅が、きっと広がることだろう。

「漁師料理」をベースに、できるだけシンプルな調理法で素材そのものの味を最大限引き出す。

RESTAURANT INFO 店舗情報

  • 産直屋 たか (さんちょくや たか/神泉)

    住所: 渋谷区円山町12-2 ライオンズマンション渋谷B1▶︎MAP
    電話番号: 090-6163-9708
    営業時間: 19:00~22:0(0 日祝18:00~21:00)
    ※日曜日は日月連休の場合のみ営業
    休業日: 月曜日 ※完全予約制
 

THIS BATON FROM...


PASS THE BATON TO

SHARE THIS ARTICLE この記事をシェアする

RELATED ARTICLESこちらの記事もおすすめです

GOURMET BATON 東京グルメバトン 記事一覧