横浜グルメバトン

横浜グルメバトン VOL.2

焼肉 大石 | 保土ケ谷区 天王町

ISSUED | 2018.06

美味しい部位を おまかせでオーダーできる “ 寿司屋”のような焼肉店

「田中家」の澤田裕時さんからバトンを受け継いだのは 天王町に店を構える「焼肉 大石」の大石晶さん。 一切の妥協を許さない、和牛へのこだわりに迫る。

PROFILE

AKIRA OISHI
大石 晶さん

横浜市生まれ。「肉だけ食べていられればいい」というほどの肉 好き。20年以上の経験を積み、4年前に独立して同店を構えた。 「この商売は向上心をなくしたら終わり。お客様の期待に応え られるよう、改良を重ねていきたいですね」。

鮮度と質にこだわった和牛の旨さを直に感じられる

 自らを”無類の肉好き”と公言する店主が、こだわり抜いた肉だけを提供する焼肉店がある。相鉄線天王町駅から歩いて徒歩2分の川沿いに店を構える「焼肉 大石」だ。

 店長の大石晶さんが提供するのは、黒毛和牛の雌肉のみ。自身が食べ比べ、シンプルに「一番美味しい」と思ったからだ。雌牛の肉は雄牛の肉に比べて赤味が濃く、肉の味が強い。「世間で言われるような、肉の等級にはこだわりません。その代わり、自分の目で確かめた質のいい肉だけを提供しています」。

 仕入れる部位も量も肉の状態を見て決めるため、品切れになることもしばしば。「素材の状態に合わせてその日のおすすめを提供できる、〝寿司屋〞のような焼肉店をやりたかった。ひと切れからでもいい、本当に美味しい肉を提供したかったんです」。

 その言葉通り、カウンター前のガラスケースには部位の異なる肉がずらりと並ぶ。メニューからのオーダーもいいが、好みや予算を伝えたら、あとは大石さんに委ねる「おまかせ」が、この店にはしっくりくる。

旨い肉を引き立てる酒や薬味にも妥協はなし

 肉とともに楽しむ酒も、大石さんが美味しいと思ったものしか提供しない。特に赤ワインはフランス産のものでは濃い雌肉の味に負けてしまうため、ナパ・ヴァレーのどっしりとしたフルボディが中心だ。価格帯も2,500円台から幅広く取り揃える。

 さらに米や薬味のワサビなど、大石さんのこだわりは至るところにまで及ぶ。「せっかくいい肉を提供しているなら、他の素材も妥協したくない。お客様には、旨いものだけを食べて、笑顔で帰って頂きたいんです」。

 この店には、県内はもちろん都内から常連客が足を運ぶことも多い。口コミでの来店者が増えているというのもうなずける。今までに味わったことのないダイレクトな肉の旨さを、独り占めにはしておけない店だ。

RESTAURANT INFO 店舗情報

  • 焼肉 大石 (やきにく おおいし/保土ケ谷区 天王町)

    住所: 横浜市保土ケ谷区天王町2-46-11▶︎MAP
    電話番号: 045-337-2919
    営業時間: 17:00~24:00
    定休日: 火曜日※火曜日が祝日の場合は営業

THIS BATON FROM...


PASS THE BATON TO

SHARE THIS ARTICLE この記事をシェアする

RELATED ARTICLESこちらの記事もおすすめです

GOURMET BATON 横浜グルメバトン 記事一覧