横浜グルメバトン

横浜グルメバトン VOL.1

田中家 | 神奈川区 台町

ISSUED | 2018.05

旬の素材にこだわった 季節感あふれる会席料理を 歴史と風情ある空間で楽しむ

グルメバトン横浜版の初回を飾るのは、横浜最古の料亭「田中家」の澤田裕時さん。 時代を超えて受け継がれる、趣あふれるひとときを。

PROFILE

YUJI SAWADA
澤田裕時さん

北海道生まれ。高校を卒業後、 30年以上にわたり和食の世界で 活躍する。大阪、奈良、東京な ど各地の料亭ほか、国会議員な どの要人が足を運ぶ、会員制料 理店の総料理長を務めた経験も。

食材の旬に合わせて月ごとに変わる料理の数々

 歌川広重の浮世絵「東海道五十三次 神奈川」にも描かれている茶屋「さくらや」を引き継いだ、横浜最古の料亭「田中家」。

 この歴史ある空間で楽しめるのが、料理長・澤田裕時さんこだわりの料理の数々だ。「会席料理は季節感が命ですから、旬や走りの食材を使うなど素材の選定から盛り付けまでを含めて、お客様に季節を感じていただけるように心がけています」と澤田さん。食材の旬に合わせて月ごとにコース内容を変更するのはもちろん、ひと月に何度も訪れる常連客には、その都度料理をアレンジする気配りも忘れない。

 澤田さんは、イベリコ豚など和食には意外と思われる食材も積極的に取り入れる。「『和食はこうあるべき』という固定観念を持つのではなく、さまざまな食材に和のエッセンスを組み合わせ、美味しいものを提供したいという気持ちで料理を考案しています」と語ってくれた。

料理を引き立てる希少な酒を趣ある和室でゆったりと

 料理に合わせる酒もこだわりの品を取り揃えており、なかでも福井・鯖江の『梵』は、皇室献上用の秘蔵酒。「専用の冷蔵庫を必要とする斗瓶(とびん)取りの生酒は、蔵元が認めた飲食店でしかご提供できない希少なお酒です」と語るのは、六代目女将の晝間貴子さん。オーダーは一合から可能だそう。その他、『龍馬からの伝言』『いも焼酎 竜馬』など、かつてこの店で働いていた坂本龍馬の妻・おりょうさんにちなんだ酒もあり、話の種にもなりそうだ。

「昔、この辺りは江戸時代に宿場町として栄え、その後は花街としても活気がありました。お食事をゆったりとお楽しみいただきながら、タイムスリップしたような気分を味わっていただけたらと思います」と晝間さん。歴史ある調度品が並ぶ和室でしばし時を忘れ、季節感あふれる料理とこだわりの酒を心ゆくまで楽しみたい。

Profile

晝間貴子さん

福岡県生まれ。客として田中家を訪れたことが縁で、六代目女将として嫁ぐことに。「お客様との出会いは一期一会です。ひとつひとつのサービスを丁寧に行うことを心がけています」。

RESTAURANT INFO 店舗情報

  • 田中家 (たなかや/神奈川区 台町)

    住所: 横浜市神奈川区台町11-1▶︎MAP
    電話番号: 045-311-2621
    営業時間: 11:30~14:00、17:00~22:00
    定休日: 不定休※完全予約制

PASS THE BATON TO

SHARE THIS ARTICLE この記事をシェアする

RELATED ARTICLESこちらの記事もおすすめです

GOURMET BATON 横浜グルメバトン 記事一覧

VIEW MORE