横浜グルメバトン

横浜グルメバトン VOL.5

china bistro 八寸 | 中区 野毛町

ISSUED | 2018.09

上海料理の伝統様式に和洋のエッセンスを融合させた新感覚のモダンチャイニーズ

「Y.s」の加藤寛(ゆたか)さんからバトンを受け継いだのは 野毛にある「china bistro 八寸」の大槻巧(こう)さん。中華の聖地・横浜で、和洋のスタイルを取り入れた創作中華料理に挑む。

PROFILE

KOU OTSUKI
大槻巧さん

専門学校を卒業後、中華料理の全米チャンピオンの師匠の元で修行を重ねる。その後、千葉・柏プラザホテルで エグゼクティブシェフのHui Pui Wing氏に指導を受け、西麻布の会員制レストラン「Astrance」などを経て、「china bistro 八寸」へ。エスコフィエチャイナ美食アートマスター2010受賞。

伝統に新たな風を融合した多様性ある中華料理を追求

 JR桜木町駅から徒歩5分、賑やかな野毛の一角に京町屋風の店を構える「chinabistro 八寸」。横浜中華街にある上海料理の老舗「状元樓」が手がけるチャイニーズビストロだ。

「〝八寸〞とは会席料理で八寸四方の盆に盛り付けられた酒肴を指します。この店名の通り、和食を中心にさまざまなジャンルの料理と中華料理を融合させた、東洋と西洋がクロスオーバーするモダンチャイニーズを提供しています」と語る、シェフの大槻巧(こう)さん。これまでホテルのレストランや会員制レストラン、海外でもシェフとして腕をふるってきたが、三代目オーナーとの出会いがあり、2017年の「八寸」オープン以降も数々のメニューを考案してきた。

「伝統的な中華料理に新たな調理法や文化を融合させるというジャンルに挑戦したい、また横浜中華街は世界的に見ても、深い歴史がありますから、その聖地に対して貢献したいという思いもありましたね」。

お酒とともに時間をかけてゆっくり楽しむ料理の数々

〝酒に合わせて楽しむ中華〞がコンセプトのこの店では、料理はすべて大皿ではなく、スモールポーションで提供する。

「どの料理も少量ずつお酒と楽しんでいただけるよう、しっかりとした味付けにしています。少ない量のなかでその料理を表現しなければならないため、難しさはありますが、他にない味と世界感は、是非とも満喫して頂きたいですね」。

 今年の7月でオープン1周年を迎えた同店は、広すぎず狭すぎない、ちょうどいい小箱感がなんとも落ち着く。料理と酒の組み合わせを存分に堪能できるよう、スタッフがしっかりとアドバイスもしてくれる。

「1周年を迎え、これからもさらに多くのお客様に足を運んでいただくためにも、〝モダンチャイニーズ〞という切り口のなかで新たな食材なども積極的に取り入れ、魅力的な料理を提案していきたいですね」。

RESTAURANT INFO 店舗情報

  • china bistro 八寸 (ちゃいなびすとろ はっすん/中区 野毛町)

    住所: 横浜市中区野毛町1-9-1 T&FビルⅠ1F ▶︎MAP
    電話番号: 045-325-8813
    営業時間: 平日16:30~24:00、土・祝14:00~24:00、日14:00~23:00
    定休日: 月曜日

THIS BATON FROM...


PASS THE BATON TO

SHARE THIS ARTICLE この記事をシェアする

RELATED ARTICLESこちらの記事もおすすめです

GOURMET BATON 横浜グルメバトン 記事一覧