横浜グルメバトン

横浜グルメバトン VOL.16

Le Normandie | 中区 山下町

ISSUED | 2019.09

豪華客船をイメージした異国情緒溢れる空間で味わう珠玉のフランス料理

「隠れ里 車屋」の松田久雄さんからバトンを受け継いだのはホテルニューグランドのメインダイニング「Le Normandie」の花木洋一郎さん。極上の景観とともに本格的なフランス料理を提供する。

PROFILE

 
花木 洋一郎さん

1970年、横浜生まれ。調理師学校卒業後、1989年ホテルニューグランド入社。ホテル内の全セクションで経験を積み、2012年「ル・ノルマンディ」副料理長に就任。2014年より料理長を務める。伝統のフレンチに現代のアレンジを加え、素材選び、料理、盛り付けまで全て最上の状態で提供するため精進を続ける。

 昭和2年に開業し、開港当時の趣を今に残すホテルニューグランド。そのメインダイニングが、タワー館5階にある「ル・ノルマンディ」だ。まず目を奪われるのが、窓の外いっぱいに広がる横浜港の景色。晴れた日には海と空のブルーのコントラストが、また夜にはみなとみらいの夜景が、特別な空間を贅沢に演出してくれる。

「料理の味はもちろん、雰囲気やサービス、全てでお客様に最上の時間をお届けしたい」と語るのは、料理長の花木さんだ。入社以来、コーヒーショップやイタリアンなどホテル内の全セクションで腕を磨き、「ホテルニューグランドの味」をつないできた。供するのは、クラシカルな本格フレンチをベースに、現代風の新しいアレンジを加えた料理の数々。だからといって、奇をてらったり複雑な味付けをすることはない。モットーはあくまでも「シンプル」だ。

 ただ、シンプルである分、手間と時間は惜しまない。たとえば鳩肉は「火入れをしては休ませる」という工程を何度も繰り返し、時間をかけてしっとりとした食感に仕上げる。コクのある内臓はガラでとったスープと合わせてソースに。自然界でも鳩が食べているというエポートル(現在の小麦の原種)を添えれば、皿の上に一篇のストーリーが浮かぶようだ。

「当ホテルの伝統とともに、本場フランスで学んだ料理への探究心と情熱、そして集中力。それを皿の上に表現しながら、後進にも伝えていきたいですね」

 記念日や誕生日など特別な日に訪れる人も多いという同店。優雅なクルージングを楽しむように、思い出に残るひとときを過ごしたい。

素材や盛り付けに四季の移り変わりを意識。コースメニューは季節によって変わる。

RESTAURANT INFO 店舗情報

  • Le Normandie (る のるまんでぃ/中区 山下町)

    住所: 横浜市中区山下町10  ホテルニューグランド タワー館5階▶︎MAP
    電話番号: 045-681-1841
    営業時間: 7:00~10:00/11:45~14:30/17:30~21:00(L.O.20:00)
    休業日: 無休
 

THIS BATON FROM...


PASS THE BATON TO

SHARE THIS ARTICLE この記事をシェアする

RELATED ARTICLESこちらの記事もおすすめです

GOURMET BATON 横浜グルメバトン 記事一覧