横浜グルメバトン

横浜グルメバトン VOL.23

イタリア料理 ヴェルデ | 神奈川区 広台太田町

ISSUED | 2020.03

居心地の良い空間で季節の恵みを味わうアットホームなイタリアン

「restaurant Artisan」の佐藤剛さんからバトンを受け継いだのは、東神奈川に店を構える「イタリア料理 ヴェルデ」の小坂修一郎さん。心からくつろいだ気持ちにさせてくれる家庭的なイタリアンだ。

PROFILE

 
小坂 修一郎さん

横浜市出身。辻調理師専門学校でイタリア料理を学び、卒業後は日本橋のイタリアン「リストランテ アルポンテ」で約5年間修業を積む。その後も複数のイタリア料理店で経験を重ねた後、20年前に「イタリア料理ヴェルデ」へ。先代シェフである父が1989年に開いた同店を引き継ぎ、オーナーシェフを務める。

 神奈川区総合庁舎の並びに佇む「イタリア料理 ヴェルデ」。オープンから30年余り、親子2代にわたって愛されているイタリア料理店だ。

 「気づいたら自然と料理人になりたいと思うようになっていました」と笑うのは、2代目オーナーシェフの小坂修一郎さんだ。父である先代シェフは、かつて京浜でもっとも古いといわれたイタリアンの名店「オリヂナルジョーズ」の出身。多くを語らぬ父の背中から、店を守る姿勢を学んだという。イタリア料理一筋に経験を積んだ後「ヴェルデ」に戻り、以来20年腕を振るい続けてきた。

「イタリアンの魅力は、イタリア各地の個性豊かな郷土料理。でも、それをそのまま日本で再現しても、お客様の好みに合わないことがあります。現地の郷土料理をベースにしながら日本で喜んでいただける味を探し、自分の料理にしていく。難しくも楽しい探究の連続です」。

 「その時季ならではの味を提供したい」と、メニューは季節によって変わる。食材にもこだわり、自ら市場に足を運んで丁寧に吟味。さらに、三浦の漁港から直送される魚をはじめ、神奈川のブランド豚「やまゆりポーク」や鎌倉野菜、横浜産ニンニク「ハマガーリック」など、地元産の食材を積極的に選んでいる。大切にしているのは旬の美味しさと、人とのつながりから生まれる〝顔の見える〞料理だ。

 温かい印象の店内は、まるで昔からよく知っている場所に帰ってきたようなくつろいだ気持ちにさせてくれる。アットホームな雰囲気の中で味わう、上質な料理の数々。一度訪れればきっと、家族や大切な友人を連れて来たくなるはずだ。

「料理にゴールはない」と語る小坂さん。同じ料理であっても常に「もっと美味しくなるはず」との思いで、味と感覚を磨き続ける。

RESTAURANT INFO 店舗情報

  • イタリア料理 ヴェルデ(いたりありょうり ゔぇるで/神奈川区 広台太田町)

    住所: 横浜市神奈川区広台太田町2-4▶︎MAP
    電話番号: 050-3134-3090
    営業時間: 火~土11:30~13:30/17:30~21:30(土・祝17:00~)、 日17:00~20:30
    休業日: 月曜(祝日の場合営業)・第2火曜
 

THIS BATON FROM...


SHARE THIS ARTICLE この記事をシェアする

RELATED ARTICLESこちらの記事もおすすめです

GOURMET BATON 横浜グルメバトン 記事一覧