TOP MAGAZINEクローズアップ 日本が誇るモダンファニチャーを牽引するブランド「アルフレックス」
生涯つきあえる上質な道具としての家具

日本が誇るモダンファニチャーを牽引するブランド「アルフレックス」
生涯つきあえる上質な道具としての家具

発行: 最終更新日:

PRESENT


オリジナルレザーコースター5枚セットを
プレゼント

「アルフレックス」は、家具を製作する際にやむを得ず発生してしまった張り生地や革の端切れを、日常生活で使える製品へ有効活用するサステナブルな取り組みを行っている。
今回は、そのECO PROJECTで制作されたコースター
(5枚セット/非売品)をニュースレターご登録頂いた方にプレゼント。
※数に限りがあるため、ご用意数がなくなり次第終了となります。

好評につき終了

イタリア生まれ日本育ちのモダンファニチャー

 イタリア語で家具の意味の「arredamenti」と、英語で柔軟性、適用性を表す「flexibility」の頭文字から名付けられたarflex。「いつの時代にもどのような環境にも適応する家具でありたい」という願いが込められたこのブランドが誕生したのは、1951年のイタリアでのこと。イタリアの世界的タイヤメーカー ピレリー社の有志と当時無名のデザイナーマルコ・ザヌーゾにより、誕生したチェア「LADY」が、美術工芸展「トリエンナーレ」で金賞を受賞。そんなアルフレックスの門を叩いたのが、後にアルフレックスジャパンの創業者となる保科正だ。イタリアでモダンファニチャーの思想と心地よい暮らしの在り方を学んだ保科は、日本での製造権と販売権を譲渡され帰国後1969年にアルフレックスジャパンを設立する。創業以来、普遍的な価値に時代ごとの感性を取り入れながら、日本オリジナルの製品をつくり続けている。1970~80年代には今では当たり前となったリビングにソファを置くという概念を定着させ、日本のライフスタイルを変えたと言われる。その後も、家具とインテリアの素材や色をトータルコーディネートするスタイルや、TVの薄型化やお掃除ロボット、スマートフォンなど、進化する生活用品の普及にともなって変化する部屋での過ごし方に合わせた、時代の半歩先をいくものづくりとライフスタイルを次々と提案してきた。

 アルフレックスがものづくりにおいて重要視しているのは “長く大切にものを使う”というイタリアの哲学に基づく家具であるということ。時代を超えて愛せるシンプルなデザインと、見えない部分の手触りや使い心地にまで配慮した設計。高い耐久性と安全性を実現するための、厳選された素材や製造工程。 数十年と使い続けた後でも、修理やメンテナンスに対応できる。全てにおいて“長く安心して使える”という思想が貫かれている。


  • アルフレックス東京

    電話 03-3486-8899

    住所 東京都渋谷区広尾1-1-40
    恵比寿プライムスクエア1F

    営業時間 11:00-18:00

    定休日 水曜


  • アルフレックス玉川

    電話 03-5717-9222

    住所 東京都世田谷区玉川1-14-1
    二子玉川ライズS.C.テラスマーケット2F

    営業時間 11:00-19:00

    定休日 不定休


  • アルフレックス大阪

    電話 06-6258-8822

    住所 大阪市中央区南船場4-2-11 7F

    営業時間 11:00-18:00

    定休日 水曜・祝日(土日が祝日の場合は営業)


  • アルフレックス名古屋

    電話 052-269-9770

    住所 名古屋市中区栄5-28-12 名古屋若宮ビル1F

    営業時間 11:00-18:00

    定休日 水曜・祝日(土日が祝日の場合は営業)

\ SHOPの最新情報はコチラから /

公式HP

アルフレックスジャパンからのお知らせ


家具は、家族の生活を支える道具であり、家族の絆を深めるものです。アルフレックスではお客様からオーダーをいただいてから、国内工場でひとつひとつ丁寧に製造してお届けしています。20年30年と長くお使いいただいた後、メンテナンスを施し、親から子へと受け継いでお使いいただくケースも少なくありません。良い物を大切にしながら、長く安心してお使いいただきたい。そんな想いを込めて素材選びと、ものづくり、メンテナンスの体制を整えています。

エコプロジェクトの取り組み


家具に用いる生地や革は、毎シーズンイタリアを中心に国内外で買い付け、厳しい検査を通過し、アルフレックスの製品にマッチするものだけを選んでいます。可能な限り無駄が出ないよう、コンピューター制御による型取りをしていますが、型取りした後には、家具の張り地を作るには足りない端切れが生じてしまいます。大切な資源を無駄にしないものづくりも、企業に与えられた課題です。そこでアルフレックスでは、2013年から端切れを有効活用し、日常お使いいただける製品を制作し、チャリティーイベントへの出品やワークショップなどでの限定販売のほか、ノベルティやギフトとして活用しています。

ECO PROJECTで制作されたコースター(5枚セット/非売品)をニュースレターご登録頂いた方にプレゼント

※数に限りがあるため、ご用意数がなくなり次第終了となります。

好評につき終了

新作製品紹介

ONとOFFの境目が曖昧になったいま、毎日を週末のような開放感と幸福で満たす、新しくてどこか懐かしい2022年の新製品をご紹介します。


WEEKEND/ウィークエンド(デザイナー:アルフレックスジャパン R&D)

身も心も委ねられる大きなシートや、見た目にも柔らかで趣のある表情、上に向かって斜めに広がったフォルムが特長。1970-80年代のアルフレックスにあった自由さや豊かさをエッセンスとして取り入れながら、現代生活にフィットするくつろぎと、構造、素材、技術を追求しています。毎日に週末のような心の余裕を。そんな思いから生まれた、どこか懐かしい最新のディープリラックスソファです。


ELEMENTO/エレメント (デザイナー:大城健作)

ガラスと金属のみを用いた潔い美しさのリビングテーブルです。アルミニウムのパーツをループ状に繋げた脚部は古来の技法により熟練の手作業でつくられ、時代に左右されない不変性を表現しています。経年変化の少ない素材とシンプルなフォルムで構築したテーブルは、いつまでも続くかけがえのない日常の象徴のように、静謐な存在感でリビングに佇みます。


NOSTOS/ノストス (デザイナー:CMP Design)

「帰郷」を意味するギリシャ語が製品名の由来。イタリアの伝統的なキアヴァリチェアや、北欧家具のミニマルな美しさにインスピレーションを受けたクラシカルなデザインは、昔からそこにあったような親しみを覚えます。無垢材削り出しや特殊な成型の技術により、木の持ち味を最大限に引き出すディテールを実現。強度がありながら、無垢材のように木目が美しく通り、フィット感のあるカーブを描きます。


アルフレックス ジャパン

0120-33-1951

月曜日〜金曜日 10:00~17:00 (祝日・長期休業などを除く)

公式HP

※2022年11月16日現在の記事です。詳細はお問い合わせください。

others