TOP MAGAZINEクローズアップ ふるさと納税で救える子どもの命
1型糖尿病の研究支援|日本IDDMネットワーク

ふるさと納税で救える子どもの命
1型糖尿病の研究支援|日本IDDMネットワーク

ふるさと納税は寄付金の使途を指定することができる。その使途に、「難病に苦しむ子どもの支援」があることをご存知だろうか? 佐賀県庁の協力によりNPO法人日本IDDMネットワークは、ふるさと納税を活用した1型糖尿病の子どもたちを救う活動を行っている。

子どもに突然発症する一生治らない

1型糖尿病

 1型糖尿病は、主に自己免疫によって、膵臓にある膵β細胞が破壊されてしまう病気。発症すると、膵臓又は膵島の移植手術を受けるか、生涯に渡って毎日注射又はポンプによるインスリン補充を続ける以外に、生命を維持することができなくなる。

 原因不明の不治の病で、子どもの発症率が高く、国内の年間発症率は10万人あたり2人程度とされている。治療を厳密に行わないと合併症を併発するため、患者本人の苦痛はもちろん、家族にとっても負担の大きい難病だ。

子どもに突然発症する一生治らない1型糖尿病

1型糖尿病の根治を目指す

医療プロジェクトが進行中

 1型糖尿病は、現在の医学では「治らない」病気だが、医学・医療の現場では根治を目指し様々な研究が行われている。例えば子どもにも負担の少ない採血不要な血糖値測定技術の開発。僅かに残る膵β細胞の量を増やす治療、移植ドナーの不足を解消するための、バイオ人工膵島移植(※)、iPS細胞による膵島再生など。

 医療技術の進歩により、根治に向けた研究は確実に前進しており、治療に苦しむ患者や家族にとっての大きな希望になっている。

※無菌室で育てられた医療用ブタの膵島を特殊なカプセルで包み、患者に移植する方法

1型糖尿病の根治を目指す医療プロジェクトが進行中

佐賀県の協力による

ふるさと納税での根治支援

 日本IDDMネットワークは、1型糖尿病の患者と家族を支援するNPO法人。日本IDDMネットワーク指定で佐賀県庁へふるさと納税ができる仕組みを活用して、1型糖尿病の治療、根治、予防に挑戦する専門家の方々への研究費を助成している。当面の目標は、2025年に「治らない」病気から「治る」病気にすることだ。

 ふるさと納税は、納税者が寄附先を選択することで、その使われ方を考えるきっかけとなる制度だ。今年のふるさと納税は、「志」を持って納税先を選んでみてはどうだろうか?

日本IDDMネットワークからのお知らせ

佐賀県×日本IDDMネットワーク
ふるさと納税での1型糖尿病・根治支援

 私たちはインスリン補充が一日たりとも欠かせない患者とその家族が、希望を持って生きられるよう1型糖尿病根絶を目指しています。

 ふるさと納税サイト「ふるさとチョイス」で寄付金の使途を明確にして、「『移植ではない治療法』を確立し、難病の子どもたちを救いたい ─次のステージへ─」プロジェクトを立ち上げました。

 いただいた寄付金を、不治の病に苦しむ子どもたちのために活用します。皆さまのご支援をお願いいたします。

日本IDDMネットワークからのお知らせ
日本IDDMネットワークからのお知らせ

ふるさと納税のお申込方法

佐賀県は応援したいNPOを指定して寄付することができます。日本IDDMネットワーク指定でふるさと納税をしていただくと、寄付額の90%が1型糖尿病の治療、根治、予防に挑戦する専門家の方々への研究費助成等に活用されます。ここでは、日本IDDMネットワークからの返礼品の中から人気の品をご紹介いたします。

※写真はイメージです。

返礼品不要での支援もできます

返礼品が不要な方は、「お礼の品なしの寄付」から寄附金額を入力して寄付だけすることも可能です。

日本IDDMネットワークへの
ふるさと納税はコチラから

ふるさとチョイス

佐賀県佐賀市八戸二丁目1番27-2号

TEL:0952-20-2062

佐賀県佐賀市八戸二丁目1番27-2号

※2022年11月11日現在の記事です。詳細はお問い合わせください。

others