TOP MAGAZINEクローズアップ 賢い資産形成&ポイ活で
老後に向けて無理なく、楽しく貯める!

賢い資産形成&ポイ活で
老後に向けて無理なく、楽しく貯める!

発行: 最終更新日:

日本は少子高齢化・人口減少が進み、公的年金制度が深刻な状況だ。数年前には「老後2,000万円不足問題」が話題となった。「自分や家族、両親の老後は大丈夫だろうか」、「老後の費用はいくら必要?」など、お金について不安に思う人が急増している。そこで将来に備えてしっかりと資産形成をし、お金で困らないための工夫として、今知っておきたい“ポイ活”と“家計の見直し術”について紹介する。

老後の生活を支えるのは公的年金だけではない
着実な資産形成と家計の見直しを実践

日本は少子高齢化、さらに人口減少に向かって突き進んでいる。2024年には日本人の3人に一人は65歳以上の「超高齢者大国」となり、2人の現役世代で一人の高齢者を支える計算となる。

日本の公的年金制度は“賦課方式”を取っており、その時々の現役世代が支払う保険料を財源とし、高齢者へ年金を給付している。少子高齢化・人口減少が進む日本では、給付の抑制・保険料の引き上げをしない限り、この方式を維持していくのは難しい。政府による年金制度改革なども思うようには進まず、現役世代の負担感は増す一方だ。

2019年に金融庁が公表した報告書では、無職の高齢夫婦世帯の場合、老後30年間で公的年金以外に2000万円が必要と記載されていたことが話題となった。いわゆる「老後2000万円不足問題」だ。ただこれはモデルケースであって、必要となる老後資金は家計の状況により異なるため一概には言えない。とはいえ、ゆとりある老後を送りたいと考えるなら、公的年金だけに頼るのではなく、可能な限り早い段階から資産形成のための自助努力を始めておくべきなのだ。

今から始める賢い資産形成で
不足しがちな老後の生活資金を準備

老後のための資金がどれくらい必要かは、どのような生き方をしたいかによって異なる。身体の自由がきくまでは働き続けたいという人もいれば、ある程度の年齢までに蓄えをして老後はゆとりある生活をしたいという人もいる。まず大切なのは。自分の場合安心して老後を過ごすのに十分な資金はどれくらい必要なのかを考えること。

生命保険文化センターが行った意識調査から、老後生活資金を計算してみよう。それによると、夫婦二人で老後生活を送るうえで必要な最低日常生活費は月額の平均値で22.1万円※1となっている。また、旅行やレジャー、趣味・教養、人との付き合いのための費用などをプラスした、充実したゆとりある老後生活のために必要な費用は月額の平均値で36.1万円※2。つまり老後のゆとりある生活のための費用は、最低日常生活費に加えてひと月あたり14万円となり、65歳から85歳までの20年間で計算すると3,360万円もの金額が必要となる。

老後の生活資金の不足額を計算する老後の生活資金の不足額を計算する

夫婦二人でゆとりある老後生活を送るためには、公的年金に頼るだけではなく、資産形成をしっかりと行う必要がある。そのためにも必要なのは、自身の収入・支出の全体のバランスを把握し、お金の流れを知ることだ。下の図を頭の中に入れておくとよいだろう。収入があったら、まずは強制的に資産形成のためのお金を引き去っておき、預貯金や外貨預金、株式、投資信託などにまわす。それ以外の残ったお金の中で、生活費や自分への投資の費用として、工夫しながらやりくりをする。また負債がある場合はなるべく早く返済し、金利による負の効果を緩和しておくべきだ。ここで大切なのは、収入と支出のバランスを取っておくこと。無理をしてバランスが崩れることがないよう、できる範囲で工夫し、家計全体を継続的にチェックしていこう。

お金・家計の流れを知るお金・家計の流れを知る

月に4,700ポイントも貯まる!?
“ポイ活”を利用した賢い家計の見直しを

お金をより多く貯めるには、支出を減らして節約するのが近道だ。ムダな出費を減らすことはできても、コツコツと節約を続けるには多少の我慢や無理がともなうことも。

そこでこれからの時代の賢い節約法としておすすめしたいのが、ポイントカードやクレジットカードなどを利用して、貯めたポイントを有効活用する“ポイ活”だ。ポイントは、オンラインサイトで購入したり、サイトを閲覧したりすると、ユーザーのアクションに応じて付与される。例えば、楽天の「楽天ポイント」、ドコモの「dポイント」など、目にしたことがあるだろう。貯めたポイントは、次の買い物をするときに使ったり、特典と交換したりと、工夫次第で賢くお得に活用できるのが魅力だ。

“ポイ活”を成功させるには、まずメインで貯めたいポイントを一つに絞り、ポイントを分散しないようにするのが鍵。次に、オンライン通販サイトや店舗で買い物をする場合は、利用するショップを決めておくこと。また使うクレジットカードやポイントカードも絞っておくことがポイントだ。利用するショップを決めておき、そのショップと提携しているクレジットカードを利用することで、ポイント還元率がアップし、より効率的にポイントを貯められる。また毎月支払う光熱費や通信費、保険料の支払いなども、ポイントを貯めているクレジットカード支払いに切り替えておくのも一案だ。

こんな試算もある。日常生活で楽天ポイントグループのサービスを使うと、どれくらいの楽天ポイントが付与されるかを検証したところ、標準的な二人世帯でひと月20万円程度の生活費の支出にたいし、楽天ポイントが約4,700ポイントも貯まった。年間に換算すると約57,000ポイントに相当する。この金額分の利息を年利0.01%の運用で得るためには、なんと年間6億円もの資金が必要となる。“ポイ活”は工夫次第で、運用よりも効率的に貯めることができるのだ。今すぐできる資産形成の一歩として、積極的に“ポイ活”に取り組みたい。

効率的な“ポイ活”で、賢く家計を節約
老後に備えて揺るぎない資産形成を

人生100年時代。老後の生活を豊かに充実させるためにも、今からしっかりと準備をしておきたいもの。それには、公的年金など社会保障制度や、自助努力による資産形成の方法を把握しておくだけでなく、身近なところから、例えば“ポイ活”で賢く節約しながら家計の見直しを始めることが大切だ。

とはいえ、何をすべきかが分からない、将来が不安だという人は、一度マネーセミナーを訪れてみては。最新の経済・金融の情報を盛り込みながら、ファイナンシャルプランナーなどの肩書を持つ講師が、マネー全般について初心者にもわかりやすく解説してくれる。個別相談会を実施してくれることもあるので、ぜひ活用したい。

マネーセミナーのお知らせ

賢い家計の見直し術

老後に向けた資産形成&ポイ活セミナー

楽天ポイントを使った実践的なマネーセミナーを開催。参加費は無料です。講師は、お客様に寄り添うコンサルティングが好評の2 名のファイナンシャルプランナー。資産形成&ポイ活で 家計を見直して、老後に向けて無理なく1000万円貯める ための基礎知識が学べます。

1つでも当てはまった方は
参加をおすすめします!

  • ポイントもお金も上手に貯められるようになりたい
  • 家計改善を真剣に考えたい
  • 子供の教育費を効率的に貯めたい
  • 老後の資金について相談したい
  • つみたてNISA・iDeCoのことが知りたい

参加特典無料個別相談付き

セミナーでマネーの基礎をじっくり学び、
気になったところは気軽に個別相談!

開催日時

11月5日(土)・6日(日)
各日10:30〜12:30

会場

The Stay Gold GINZA

住所:東京都中央区銀座4-10-5 東急ステイ銀座2F

アクセス:東京メトロ日比谷線東銀座駅A2出口より徒歩1分

定員

各回20名様

※セミナーは、少人数制のスクール形式です。感染症対策としてマスクの着用をお願いしております。会場には消毒液、予備マスクもご用意しています。

参加費

無料

講師

11月5日講師
ファイナンシャル・プランナー

長谷川純子先生

大学卒業後、大手食品メーカーに勤務。その後、 生命保険会社に転職し出産を機に退職。育児中は 夫の勤める建築デザイン事務所を手伝い、ライフ プランニングやローン相談、整理収納アドバイス 業務に携わる。現在は、総合保険代理店・株式会 社グッドウインに所属し、年間100世帯以上の相 談を受けている。保険を提供するだけでなく、自 身の子育て や、介護体験も活かし、お客様に寄り添ったコン サルティングを心がけている。

                                                 

講師

11月6日講師
ファイナンシャル・プランナー

髙野圭子先生

東京都出身。子どもが好きで保育士を目指して短大に入学。卒業後は保育の仕事に従事。その後、自身の キャリアを広げるために不動産業界に転職し、住宅 ローン・不動産売買・賃貸に関する知識を身につける。 家族の病気をきっかけに保険の大切さ、お金とライフ プランに関する知識の必要性を痛感し、金融業界へ。 現在は、プランニング等の経験を活かし、株式会社 グッドウインにてお客様に寄り添った幅広いアドバイ スを行い、好評を博している。

主催

リンクファシリティーズ株式会社

セミナー総合お問合せ窓口(平日10:00~18:00)
TEL.0120-756-034

申込方法

こちらからご応募ください。

お申し込みフォームはこちら

お問い合わせ/セミナーのお問い合わせ窓口
TEL.0120-756-034

(平日 10:00〜18:00)
※セミナーでは特定の商品の勧誘はありません

「セミナー関連の記事」

※2022年9月22日現在の記事です。詳細はお問い合わせください。

others