TOP MAGAZINE三ツ星セレクション 田子たまご村 「緑の一番星 いとしのきみ」

田子たまご村 「緑の一番星 いとしのきみ」

発行: 最終更新日:

食のプロとAFFLUENT編集部が厳選した、日本各地のとっておきの逸品をご紹介。
卵かけご飯用の卵の中からさらに粒選。生産数1日わずか100個という貴重な「緑の一番星 いとしのきみ」をお届け。

黄身比率や生食の風味の良さにこだわり20年! 究極の“卵かけご飯用”卵

日本で一番星がきれいに見える町として知られる青森県田子町。この町で作られている薄緑色の卵が「緑の一番星」だ。

養鶏人生50余年という卵の匠・日澤一雄氏のノウハウを磨き上げ、約20年かけて“卵かけご飯用”として誕生した、究極の卵である。そして、この「緑の一番星」以上に希少なのが「緑の一番星 いとしのきみ」だ。生み落とされた卵の中から、日澤氏が確かな目で1玉1玉選び抜いた一級品で、黄身が大きく、色も濃い特別な卵。その数は一日にたった100個ほどしか得られないそう。

究極の卵かけご飯用というだけあり、この卵にはまったく生臭さがない。まずは炊きたてのご飯に乗せ、何もかけずに食べてみてほしい。非常にフレッシュで濃厚な甘みと旨味に驚くだろう。卵かけご飯が好きな方はもちろん、そうでない方にも、ぜひ一度味わってみてほしい逸品だ。

  • image1
  • image2

鶏には安心安全な非遺伝子組換えの餌と、山のきれいな湧き水を与え、自然豊かな環境で育てている。

食べ比べセット販売中!

田子たまご村「緑の一番星 いとしのきみ」
1セット10個 ※化粧箱入り
8,000円(税込・送料別)
詳細は以下のリンクよりご確認ください。

うまいもんドットコムとAFFLUENT

日本全国の産地と消費者を繋ぐ美味しいお取り寄せサイト「うまいもんドットコム」とのコラボレーション。希少品種やちょっと贅沢な高級品などを厳選してお届け。

others