シェアリングビジネスという 新時代のキーワード

ISSUED | 2018.07

日本市場にシェアの考え方は馴染まないのではないか。そんな声がある中で、シェアリングビジネスは確実に市場を拡大している。変革に抵抗はつきものだが、今後シェアリングビジネスは消費者にどのような価値観を提供し、企業に変革の意識をもたらすのか。すでにユーザーから多くの支持を得ているサービスから、その将来を探ってみる。

シェアリングビジネスという大きな変革の波に乗る

元年と言われる2016年以降、シェアリングビジネスが日本でも猛威をふるっている。従来の商習慣に一石を投じるシェアリングビジネスの隆興は、日本経済にどんなインパクトをもたらすのだろうか

海外から押し寄せる新サービスの波で、国内にも広がる変革の機運

 世界的に見ても、本格的な普及が始まってまだ10年にも満たないといわれ、そもそもの定義すらまだ不明確であるこのシェアリングビジネスだが、黒船のごとく日本市場に登場したライドシェア最大手の「ウーバー」や、民泊事業を展開する「エアビーアンドビー」などが、着実に日本市場で変革の機運をもたらしている。

 矢野経済研究所の調査によると、その国内市場規模は2016年度に約503億円であったものが、2021年にはおよそ1071億円まで拡大すると予測されている。モノを所有することを良しとしてきた従来の消費行動や、君子危うきに近寄らずではないが、日本人は個人間の商取引に少なからずネガティブな印象を持っているし、岩盤規制に守られた既存の商習慣もある。さらにシェアリングビジネスの普及によって不安定な働き方が定着し、ワーキングプアの増加を懸念する声もあるなど、シェアリングビジネスを取り巻く国内環境は、決して歓迎ムードばかりではない。

シェアリングビジネスの可能性

 しかし、企業が収益的な問題から手を出さない場所や商品を、個人がカバーすることで生活の利便性を高め、新たなビジネスや価値観につながるシェアリングビジネスの可能性には、大きな期待が持たれているのもまた事実だ。既に海外では多くのサービスが成功をおさめ、既存のビジネスをリプレースするなど、市場に新たな価値を定着させている。あくまでもそのサービスに価値があるか、それを継続的に利用したいと思えるかを決めるのは、消費者だということだ。

着実に実績を積み上げている企業の事例を紹介

 今回の特集では、そんなシェアリングビジネス市場で先行的にサービスを投下し、着実に実績を積み上げている企業の事例を紹介する。時代の流れ、ニッチなニーズを的確にくみ取り、素早くサービス化したことで、既に多くのユーザーの支持を獲得している各社のサービスには、どんな可能性が秘められているのか。これまでの既成概念や商習慣にとらわれず、新たなビジネスモデルを展開する各社のサービスから、シェアリングビジネスのこれからを探ってみたい。

SHARE THIS ARTICLE この記事をシェアする

RELATED ARTICLESこちらの記事もおすすめです