高橋真麻RADIO

#2 ハイエンドマガジン『AFFLUENT』のご紹介(2021/4/13 放送)

ISSUED | 2021.04

大人のこだわりを追求するハイエンドマガジン『AFFLUENT』の魅力について、プロデューサーにインタビュー!

放送日:2021年4月13日

GUEST

 
森 正太郎さん

株式会社affluent『AFFLUENT』プロデューサー。アパレル業界からフリーペーパー上場会社へ転職し広告業界へ。エリアマーケティングから教育、不動産事業、大手広告代理店担当などを経て、富裕層メディア「AFFLUENT」の事業責任者に就任。その後事業部ごと独立させ2020年に株式会社affluentを設立。AFFLUENTの事業責任者としてメディアの発行・運営を行う。

高橋

先週は私の最近のことや海外旅行事情などを話しましたが、本日はハイエンドマガジン『AFFLUENT』についてもっと詳しく知りたいと思い、ゲストをお迎えしております。株式会社affluent『AFFLUENT』プロデューサーの森正太郎さんです。よろしくお願いいたします!

よろしくお願いします!

高橋

早速ですが、『AFFLUENT』のプロデューサーとはどういった役割なんですか?

ハイエンドな方たちを中心に、冊子をご自宅までお届けしています。より多くの方に読んでいただけるように、読者のご意見を伺いながらより質の高い冊子をつくっています。

高橋

『AFFLUENT』に載っているものは今まで知らなかった、本当によいものばかりですが、そういったものを探してくるのは森さんのお仕事なんですか?

そうですね、私もそうですし、編集部のスタッフと一緒になって、定期的に会議をしながらより良いモノや情報をリサーチ、吟味しています。ひとつの業種に絞らず、ハイエンドの方たちはいろいろな趣味嗜好がありアンテナを張っているので、自分たちも同じくらいアンテナを張っているのが大切なポイントです。

高橋

私も何冊か拝見したのですが、まず表紙の写真がすごく素敵で、別荘とかリゾート地の風景やパフェ、お酒など、写真にもこだわっているんだなと思いました。

『AFFLUENT』バックナンバーはこちら 『AFFLUENT』バックナンバーはこちら

その通りで表紙に力を入れておりまして、時計、万年筆、絵画、コーヒーなど『AFFLUENT』が巻頭特集を組んで取材を進めていきますが、この中から表紙に相応しい1枚を選び抜き掲載しています。

高橋

巻頭特集以外にも色々情報がはいっていて、情報量が程よく多すぎず、でも一つひとつが丁寧にでもいいものだけをというのを感じました。 特に男性が好きそうな情報が掲載されていて、40~50代の素敵なおじさまが読んでいるイメージなんですが実際はどうですか?

そうですね、実際も年齢でいうと40~50代で、子育ても落ち着いて自分の時間に余裕が持てる年代の男女をターゲットにしておりますが、特に男性に多く読んでいただいています。奥様やご家族で共有していただいていることもあります。

高橋

私は夫婦で趣味が同じというのに憧れます。だから行きたいお店、旅行なんかも夫婦で共有できるっていうのが一番よいなと。夫婦で『AFFLUENT』を読んで、いいねっていうのが理想です!

この前は、読者の方から、25周年の結婚記念日を『AFFLUENT』の中から選んでいきましたという声をいただいたんですよ。

高橋

最高ですね! いろいろな記事があるなかで、私は食べるのも好きなので『東京グルメバトン』という企画も気になります。これはどういう企画なんですか?

この企画はレストランのオーナーシェフから知り合いのオーナーシェフへ、バトンをつないでいき1号に1軒ずつ紹介していきます。おかげさまで、現在、55軒もバトンがつながっているんですよ。中にはミシュランガイドの星付きのお店や、取材お断りのお店もありますが、ご紹介であればと取材を受けてくださいます。

高橋

ほかにも『ツワモノ大人の逸品』という企画がありますよね。これはどういう企画ですか?

はい、編集部がこれはと思う逸品をセレクトしてご紹介する企画です。これまでに。カシオのG-SHOCKや日清のカップヌードルなどポピュラーな商品や、南部鉄器などの伝統工芸品まで、知る人ぞ知る名品を掲載しています。僕は特に松徳硝子のピルスナーが気に入っていまして、実際に家でビールを飲むときに使っていますが、その品質の良さを知っているせいか、ビールがよりおいしく感じられるんですよ。

高橋

そうですか。私としては日清のカップヌードルをあらためて紹介しているのに結構驚きました! 記事を読んでみると確かに納得で、これだけロングヒットしていて世界中の人が知っているというのには、やはり理由があるんだなと実感しましたね。

はい。普段身の周りにあるものだけど、実は良いものだということに気づくきっかけにもなります。値段が高いものだけではなく、手頃な価格でもこだわりが詰まっていて多くの人に支持されるものにも焦点を当て、これからもたくさんご紹介していきたいです。

高橋

最後に森さんがオススメの企画を教えてください。

今度、特集で“おこもり宿”を取り上げる予定です。新型コロナウイルスの影響もあり、旅行自体が自粛ムードにはなっていますが、宿自体をとことん楽しむという切り口で厳選した宿泊施設をご紹介しています。

高橋

大人ならではの旅の楽しみ方を提案する特集なんですね。待ち遠しいです。 さて、これまでのお話を聞いていて、実際に『AFFLUENT』を読んでみたいという方もいらっしゃると思いますが、手に入れる方法はありますか?

冊子は40代~50代の方々が多くお住まいのマンションや住宅街を中心に配布をしております。ウェブ版やフェイスブックもございますので、“アフルエント”とカタカナで検索してみてください。

Pick Up!

ハイエンドマガジン『AFFLUENT』がオススメする名品をピックアップしてご紹介します。

本日は『AFFLUENT』4月号の「お取り寄せマルシェ」に紹介されている“宮崎完熟マンゴーと完熟マンゴーをゼリー寄せにしたフルーツポンチの食べ比べセット”をピックアップ! この宮崎完熟マンゴ―は、色の濃さと糖度の高さが抜群。届いてすぐに完熟の美味しさを味わえるとの紹介文通り、リンゴのような真っ赤な皮に美しいオレンジ色の果肉、香りもとても芳醇です。

本日はセットでお届けされる完熟マンゴーゼリー寄せにしたフルーツポンチを特別にご用意いただきました。甘さが控えめで、フルーツ本来のフレッシュな甘さを存分に楽しむことができるとのことです。では、早速いただきます!とにかく、ゴロッとしたマンゴーがたっぷり缶のギリギリまで入っています。大きいですね一つ一つが。ゼリーもさっぱりして、シロップの甘さが控えめなので、マンゴー本来の美味しさを引き立てていますし、このマンゴーのトロッとした舌触りもたまりません。結構たっぷり入っているので、ご家族で分けたりして食べてもいいですね。口の中も鼻から抜ける香りも宮崎完熟マンゴーで、しあわせ!

お取り寄せマルシェ、宮崎完熟マンゴーとフルーツポンチセット、詳しくはこちらのページをご覧ください。

ITEM

Item
宮崎完熟マンゴーと完熟マンゴーをゼリー寄せにしたフルーツポンチの食べ比べセット

『AFFLUENT』4月号の「お取り寄せマルシェ」にて紹介しております。

「高橋真麻RADIO AFFLUENT 大人のこだわり」は、ラジオ日本で毎週火曜日23:45〜24:00の15分番組です。
次回放送日は4月20日です。

◆AMラジオでラジオ日本を聴く!
ラジオ受信機で、AM1422kHzにダイヤルを合わせてお聴きください。

◆radikoでラジオ日本を聴く!
「radiko」はスマートフォンやアプリ、パソコンでラジオが聴けるサービスです。ライブ配信を逃してしまった方は、過去1週間以内の番組を遡って聞くことができる“タイムフリー”機能でご視聴ください。

・パソコンで視聴の方
https://radiko.jp/#!/live/JORF

・スマートフォンで聴取の方
無料アプリ「radiko」をインストールしラジオ日本をお聴き下さい。
※1都6県以外の地域から聴取の場合は、radikoプレミアム会員登録(月額350円/税別)の上、「エリアフリー」機能をご利用ください。

無料アプリ「radiko」はこちらから

Download on the App Store Google Play で手に入れよう



SHARE THIS ARTICLE この記事をシェアする

RELATED ARTICLESこちらの記事もおすすめです

  • 特集

    デキる大人は朝を整える 活動力が上がる理想の朝食

    この記事を読む

  • 東京グルメバトン

    わたなべ | 白金高輪

    この記事を読む

  • お取り寄せマルシェ

    「肥後グリーンメロン」と「クインシーメロン」

    この記事を読む

  • クローズアップ

    アフターコロナで求められるビジネスパーソンとは? KIT虎ノ門大学院

    この記事を読む