高橋真麻RADIO

#6 理想の朝食で、楽しみながら一日のパフォーマンスを上げる(2021/5/11 放送)

ISSUED | 2021.05

ライフスタイルに合った食生活を提案する
フードトレーナー三戸真理子さんにインタビュー

放送日:2021年5月11日

GUEST

小林 英毅さん 三戸 真理子さん

 
三戸 真理子さん

学生時代よりスポーツ医学を学ぶ。 2008年よりドイツ、アメリカなどでパーソナル栄養学の現場修行、および血液栄養の研究に携わる。2014年、フードトレーナーとして独立。
プロサッカー選手(Jリーグ所属)やオリンピック競技者、女優、モデル、経営者の方々へライフスタイルに合わせたパーソナライズされた食生活を提案。日本初の遺伝子や血液タイプに合わせた食事の提案も行う。その他、スポーツ関連企業のコンサルティング、お弁当やお菓子の商品開発のサポート及び監修も行う。

高橋

高橋真麻 RADIO AFFLUENT 大人のこだわり、今日も始まりました。
さて、最近また在宅勤務の機会が増えているという方が多いと思います。政府もリモートワークを推奨していますし、得手不得手ではなく、対応していかなければいけないと思っていますが、とはいえ、在宅勤務が増えると運動不足とか、食べ過ぎなどという健康問題もありますよね。
そこで今日は、『AFFLUENT』 5月号の巻頭特集にて「活動力が上がる理想の朝食」についてお話をしていただいた、フードトレーナーの三戸真理子さんにお越しいただきました。運動不足や食生活の乱れに悩んでいる方が多いと思いますので、今日はそういった点についてお話を伺っていきたいと思います。
三戸さんは普段は「みとまりさん」と呼ばれていると伺ったので、私も今日はそのようにお呼びしてよろしいですか?

三戸

はい、よろしくお願いいたします。

高橋

みとまりさんはフードトレーナーでいらっしゃるということですが、普段どんな活動をされているのでしょうか?

三戸

スポーツ医学や予防医学の観点から、プロサッカー選手やオリンピック競技者の方、経営者の方などへ、お一人おひとりに合った食生活のご提案をさせていただいております。

高橋

それは、ダイエット目的ではなく、食生活を指導するということですか?

三戸

そうですね。パフォーマンスを上げることを目的にした食事のご提案になります。

高橋

えー!食生活を変えるとパフォーマンスが上がるのですか!

三戸

はい、その方に食生活をフィットさせていくと、パフォーマンスは劇的に変わります。

高橋

例えば、イチロー選手が毎朝カレーを食べていたというのは有名な話じゃないですか。そういうことでしょうか?

三戸

そうですね。自分にとってのパワーフードを見つけるお手伝いをするのが私の役割です。パワーフードを見つける方法はいろいろありますが、プロのアスリートの方ですと、血液検査や遺伝子検査でパワーフードを見つける方も多いです。

高橋

知り合いの経営者が遺伝子検査をして自分に合わない食べ物を全部排除したら仕事ができるようになったと聞いて、私も検査してみたのですが、大好きなものがことごとく引っ掛かってしまったので、もうその結果は見なかったことにしました…

三戸

お好きなものを食べ過ぎていてご自分のキャパシティをオーバーしているから、食べないようにという指示が出たのかもしれません。

高橋

そうそう。いくつかのものを食べないほうが、ポテンシャル、パフォーマンスが上がると言われたのですが、その中には私が大好きな「粉もの」も含まれていて、「粉もの」をやめてパフォーマンスを上げるか、食べて今のままか…を考えて、「粉もの」を取りました(笑)

三戸

なるほど(笑)「粉もの」の摂取を維持しながら、他の食べ物でカバーしていくというやり方もありますよ。

高橋

そうなのですね。やっぱりプロの方に聞くと違いますねー!
ところで、最近は小学生でも朝食を食べない方が増えていますよね。私は、朝食は食べたほうがいいと思っているのですが、どうなのでしょうか?

三戸

はい。ぜひ食べていただきたいです。朝食を食べることで「体を起こす」ことに繋がりますので、一日健康的にパフォーマンスよく過ごせるという意味では、朝食を食べるほうが良いと考えています。

三戸 真理子さん

高橋

「体を起こす」というのは?

三戸

食べること、いわゆる内臓活動、消化を始めることで体の目覚めに繋がります。起きたばかりのときは体も脳もボーっとして、なかなかすぐに活動ができないですよね。なので、朝食を食べることで体のスイッチを入れるというメリットがあるのです。

高橋

へえー。でも逆に食べ過ぎると眠くなってしまうことがあるのですが、それはどうなのでしょうか? 私の場合、長時間の収録やクイズ番組のときにお腹がすかないようにと思ってロケ弁を結構いっぱい食べていったら、めちゃくちゃ眠くて全然頭が働かないことがありました(笑)

三戸

腹八分目がいいですね。食べ過ぎると、お仕事に脳を使いたいのに、消化にエネルギーを使ってしまうことになりますので。2時間くらい前にたくさん食べるのであればいいと思いますが、直前にいっぱいかき込むと、パフォーマンスは上がらないかもしれません。

高橋

そうか。逆に朝食を取らないのはどうなのですか?

三戸

空腹ですと、ガソリンがないままエンジンをふかしているような状態になってしまいます。それでは頭が働かないので、血中にブドウ糖がある状態のほうがいいですね。

高橋

では、理想の朝食というのはありますか?

三戸

栄養素でいうと、肉、魚、大豆、卵などのたんぱく質をできれば朝食に取り入れていただきたいですね。特に魚を朝食べましょうとおすすめすることは多いです。

高橋

ハードルが高いですね!朝から魚を焼くのは。

三戸

そうですね。なので、汁の中に魚を入れたお吸い物や、お豆腐たっぷりの味噌汁の中に細切れにした鶏肉を入れるのはどうでしょう。出汁も取れますし。

三戸 真理子さん

高橋

なぜたんぱく質を摂ったほうがいいのですか?

三戸

はい。例えば椅子に座っていることも、筋肉で体を支えているのでいわば運動です。その筋肉を作るのにたんぱく質がとても必要なので、ぜひ朝から摂りたい栄養素といえます。

高橋

そのほかに、朝食で大事なことは何でしょうか?

三戸

食べる順番も結構大事です。私はフルーツを一番はじめに食べることをおすすめしています。フルーツは血糖値の上昇が緩やかな糖質で、消化時間も30分と結構短いので、血糖値が急上昇する心配がありません。体のウォーミングアップとしても適しています。朝はリンゴをおすすめしていますね。腸も綺麗にしてくれますし。

高橋

「いきなりフルーツ」が良いとは知らなかったです。確かにリンゴは元々、体にもいいと言われていますものね。でも、一人ひとり理想の朝食が違うのだとすると難しいですよね。

三戸

そうですね。体質や体調によって摂取したほうがいいものも変わりますので、お一人おひとりのライフスタイルに合わせてセレクトするのがベストだと思っています。

高橋

コロナ禍で生活スタイルが変化したという方も多いと思いますので、お悩み別におすすめの朝食を教えていただいてもいいでしょうか? 最近は外出しにくくなったので、運動する機会が減ったという方はいかがでしょう。

三戸

そのような方もぜひ、先ほどの話に出たたんぱく質を摂っていただきたいですね。少ない運動量でも、パフォーマンスが上がることが期待できます。

高橋

では、ストレスが溜まりやすくなったという方はどうでしょうか。

三戸

はい。赤や黄色、黒、緑など、濃い色の食べ物がおすすめです。パプリカとか、かぼちゃとか、黄色いトマトもありますよね。カットのパイナップルも食物繊維やビタミンが豊富ですね。バナナもよいと思います。

三戸 真理子さん

高橋

黒い食べ物はどうですか?ごまとか?

三戸

ワカメなどの海藻類、もずく、海苔などの黒い食材がおすすめです。色の濃いもののほうが栄養素も豊富ですので、少ない量でもたくさんの栄養素を摂れるというメリットがあります。

高橋

朝は食べられないという人も多いじゃないですか。食べたいけれど食べられない、そういう人はどうしたらいいですか?

三戸

咀嚼できるものが良いので、先ほど言ったバナナやリンゴなど果物だけでも、噛めるものを食べていただければなと思います。

高橋

噛んだほうがいいのですね。うちの夫が朝ご飯を食べない派で、飲むヨーグルト1本で終わらせています。

三戸

なるほど。できれば噛むものもぜひ…。冷凍のブルーベリーなどは食べやすいですよ。

高橋

しかも色が濃い!良いことを聞きました。ブルーベリーや冷凍の果物を活用したいと思います。楽しみながら食べるのがいいのかな。

三戸

そうですね、食事をぜひ楽しんでいただきたいですし、体が必要としているものイコール、自分に必要なものになっていくのが私は理想だと思っております。

高橋

まだまだいろいろとお話を伺いたいのですが、お時間となってしまいました。朝食を楽しみながら取ることで一日のパフォーマンスを上げ、仕事もプライベートも充実できそうなお話を伺いました。
ということで、本日はフードトレーナーの「みとまりさん」こと、三戸真理子さんにお越しいただきました。どうもありがとうございました。

三戸

ありがとうございました。

三戸 真理子さん

「高橋真麻RADIO AFFLUENT 大人のこだわり」は、ラジオ日本で毎週火曜日23:45〜24:00の15分番組です。
次回放送日は5月18日です。

◆AMラジオでラジオ日本を聴く!
ラジオ受信機で、AM1422kHzにダイヤルを合わせてお聴きください。

◆radikoでラジオ日本を聴く!
「radiko」はスマートフォンやアプリ、パソコンでラジオが聴けるサービスです。ライブ配信を逃してしまった方は、過去1週間以内の番組を遡って聞くことができる“タイムフリー”機能でご視聴ください。

・パソコンで視聴の方
https://radiko.jp/#!/live/JORF

・スマートフォンで聴取の方
無料アプリ「radiko」をインストールしラジオ日本をお聴き下さい。
※1都6県以外の地域から聴取の場合は、radikoプレミアム会員登録(月額350円/税別)の上、「エリアフリー」機能をご利用ください。

無料アプリ「radiko」はこちらから

Download on the App Store Google Play で手に入れよう



SHARE THIS ARTICLE この記事をシェアする

RELATED ARTICLESこちらの記事もおすすめです