TOP TREND EYEPREMIUM GALLERY 丁寧なくらしで心豊かに。いいものと長いお付き合いを大切にする「ルームズ大正堂」

丁寧なくらしで心豊かに。いいものと長いお付き合いを大切にする「ルームズ大正堂」

発行: 最終更新日:
創業大正元年のルームズ大正堂-アフルエント

情報とモノが縦横無尽に溢れる今。リアルな知識や経験、想いから自分の心が動かされる価値観でモノを選ぶ「丁寧なくらし」が、あらためて見直されている。「いいもの、ながい、おつきあい」を理念に100年以上の歴史を歩んできた老舗家具屋・ルームズ大正堂が考えるこれからの家具選びについて、玉川店に勤務する赤尾さんと梅田さんにお話をうかがった。

大きく変わった家具の選び方

国産の家具を中心としたカタログ-アフルエント

創業大正元年(1912年)の歴史を持つルームズ大正堂は、日本の家具事情を知る老舗家具屋だ。親子三代で通われるお客様がいる一方、家具を選ぶ基準や価値観が、この数十年前で大きく変わったことを実感しているという。

「(赤尾)いいもの、ながい、おつきあいという会社のコンセプトから、ルームズ大正堂はお客様とスタッフ、そして家具も長いお付き合いがモットー。国産の家具を中心とした品質重視の家具を提案していますが、インターネットが普及し、手頃な価格帯のインテリアショップが増え、お客様の家具選びは大きく変わりました。昔のように婚礼家具を揃えてお嫁に行くという意識もなくなってきたと思います。」

「(梅田)たしかに、昔は質の良い家具を探される方が大半でした。今はファッションの一部という感覚。リビングには良い家具を、自分の部屋は価格を抑えよう……など強弱つけて賢くお買い物される方が増えています。」

お手頃な価格とおしゃれなデザイン性、そして圧倒的な情報量。家具が手に入りやすくなったことで、1年を通じて必要な時に家具を購入するスタイルが増えている。そうした中で、ルームズ大正堂が今も昔も変わらず大切にしているのが、人と家具を繋ぐコミュニケーションだ。

お客様に新しい価値観を提案する

溝の口駅にあるルームズ大正堂-アフルエント

ルームズ大正堂の歴史を少し遡ると、面白い事柄が見えてくる。創業当時は人形や帽子、傘などを販売していた大正堂が、本格的に家具を取り扱い始めたのは1954年頃から。「着物を収納するタンスがほしい」と、お客様からのニーズから生まれた試みが積み重なった結果が、現在のルームズ大正堂だ。とりあえず「あるもの」で済ませない、毎日使うものだからこそ知識や経験を伝えて自分の目で選択してもらう、これが大きな強みだ。

「(赤尾)ルームズ大正堂は、10年以上の経歴を持つベテランスタッフが多く在籍しています。インターネットでは見つからないスタッフ自身の経験談や情報から、お客様に新しい価値観を提案することが当社の強み。品質基準が高い家具は安い買い物ではありませんから、まずはお客様の話を丁寧に聞いて心を開いていただく、そこからお客様のライフスタイルに合わせた提案をします。スタッフの中には主婦の方も多く、出産や子育てなど生活のアドバイスまでお話が盛り上がることもありますよ。」

「(梅田)またお買い物をしてくださるリピーターも多く、同じスタッフが継続的に接客することで安心して相談できるというお声もいただいています。弊社では、研修や勉強会を定期的に行っていますが、最初に学ぶのは挨拶。こんにちは、いつもありがとうございます、たった一言があるだけでお客様が話しやすい空間ができるだけで、会話のきっかけに繋がることも少なくありません。商品知識に関しても、ソファやベッドなど家具ごとに専門的な知識を学びます。当たり前のことですが、ベテランになるほど忘れてしまう部分もありますので、常に基本に戻る姿勢を忘れないよう心掛けています。」

プロが厳選した人気の家具

国産ブランドの家具を中心に、輸入家具を直接仕入れることでコストパフォーマンスを実現しているルームズ大正堂は、新しい商品を入れ替えるタイミングで半期に一度、クリアランスセールを行っている。国産家具から輸入家具まで、玉川店で人気が高い家具ブランドを紹介する。

飛騨高山の家具

こだわりの無垢テーブル-アフルエント

飛騨高山の家具は30年以上続くロングセラー。タイミングが良ければ、無垢のテーブルと出会えることも。長年の愛着や思い出から、捨てられないお客様も多く、張り替えや修理の依頼も多い。

定番のカリモク家具

木のぬくもりを味わえるカリモク-アフルエント

木のぬくもりを味わえるカリモク家具は、幅広い世代から支持される定番のインテリアブランド。ゆったり広々としたソファは人気の一品。

フランス発のリーン・ロゼ

世界的有名デザイナー「リーン・ロゼ」-アフルエント

世界的有名デザイナーによってデザインされたコンテンポラリーなインテリア家具を発信するlinge roset(リーンロゼ)は、こだわりを求める方におすすめ。超難易度の職人技が光るソファは一見の価値あり。

コロナ禍で注目を集めるオットマンチェア

仕事環境を整えるデスクやチェア-アフルエント

テレワーク需要から、仕事環境を整えるデスクやオットマンチェアなども注目を集めている。

上質な眠りを提供するNIHON BED

睡眠の質を向上させる高級ベッド

睡眠の質向上に欠かせないベッドは、数々の高級ホテルで取り扱われているNIHON BEDやドイツ発のアップホルスターベッドブランドRUF BETTENなどが並ぶ。ベッドの柔らかさや硬さを直接体感できるサンプルも常備。

英国のモリス・デザイン・スタジオ

オーダーカーテンコーナーで人気のいちご泥棒-アフルエント

オーダーカーテンコーナーでは、英国ブランドMorris Design Studioが圧倒的な人気を誇る。代表作として知られる「いちご泥棒」は、今も根強い支持を集めている。

人気の絨毯コーナー

お手頃価格の絨毯-アフルエント

通年を通して展開する絨毯は、こなれ感のあるプライスで質を重視したものを用意。数は限られるが、一部に手織り絨毯も並ぶ。

ソファやテーブル、学習机といった大型家具の多くは、6年保証が基本。言い換えれば、6年以上の耐久性を兼ね備えた家具を厳選している。その他にも店舗と配送の連携を強化する自社配送や、配送時の簡単な家具移動、壊れた家具の修理、最長1年間の購入家具無料預かりなど、購入後もお客さまとお付き合いを継続していく細やかなアフターサービスが伝統として今も変わらず受け継がれている。

30年以上続く特選手織り絨毯が再び

30年以上続く特選手織り絨毯-アフルエント

クリアランスセールをはじめ、さまざまな家具イベントを開催するルームズ大正堂だが、30年以上続いている毎年恒例の人気イベントがある。毎日を過ごす場所だからこそ、思い入れのあるモノを部屋に置きたい、その代表が唯一無二の手織り絨毯だ。

「(梅田)手織り絨毯といえばクラシックなペルシャ絨毯をイメージされるかと思いますが、最近はモダンでスタイリッシュな家具と相性が良い上質なギャベが幅広い世代から注目を集めています。手織り絨毯ですから、もちろん世界にひとつだけ。イランの山岳地方で作られ、シルクのようなコシがある肌触りで耐久性、保湿性、吸湿性、調湿力に優れています。化学繊維のような暑さを感じないので1年中敷いても不快感がないのも好まれる理由ですね。リビングルーム、壁掛け、ベッドの脇、座布団、いろいろな用途がある。バイヤーが現地から買い付けて選ぶため、今年はどんな柄が入荷したのかと興味を持たれる方が増えています。」

「(赤尾)現地で専属契約している工房があり、バイヤーがひとつずつ確認して質の高い絨毯を仕入れています。治安が悪くてもコロナ禍でも直接買い付けに行かないとフレッシュなものはあっという間に売れてしまうので、命をかけています(笑)恵まれた水がある環境で暮らしたい、子宝に恵まれますように、など模様に意味があり、それぞれの絨毯にストーリーが織り込まれているのも魅力のひとつ。そうした情報をお客様に伝えることも、ルームズ大正堂だからこそと思います。」

唯一無二の特選手織り絨毯が手に取れる毎年恒例のイベントは、時期をずらして各店で開催され、玉川店では2021年は11月20日(土)〜23日(火祝)を予定している。モノが溢れるからこそ、自分の目で見て、手で触れ、心地よいと感じる家具とともに丁寧な生活を送ってもらいたい。

詳細はこちら