伝統を受け継ぎ後世に残す 継ぎ人 匠

継ぎ人 その十八

異なる世界を見てきた目線を、伝統の中で活かす

ISSUED | 2018.10

四代目 藤見 和英さん

  • 伝統ジャンル | 柿農家 継 承 歴 | 四代目
  • 1978年静岡県生まれ。10代最後に友人とバックパッカーとして海外を旅して衝撃を受け、都会に出ようと決意。新宿や銀座の飲食店で働き、管理職も務めるが、若いうちに勉強をしようと2017年3月家業を継ぐべく地元に戻る。心機一転、農家の世界に飛び込み、四代目として日々奮闘している。

異なる世界を見てきた目線を、伝統の中で活かす

 静岡県磐田市の北部に位置する、2ヘクタールもの広大な敷地。山岳地帯で日当たりも良いこの土地に大正時代から続く柿農園「藤見農園」がある。その四代目として歩み始めたばかりの若者が藤見和英さんだ。

 20歳で東京に出て働き、忙しく過ごしていたものの、「40歳になったら戻ろう」と常に心には家業のことがあった。実際には2017年37歳で帰郷。何十年も離れていた父と二人三脚で柿作りを営む決意をした。

「親父の年齢のこともあり、できるだけ早めに、やらせてもらおうと思いました」。

 柿は、剪定や芽を変える、消毒といった手入れが常に必要で、365日休む暇もない。膨大な仕事は、見て、やって覚えろというまさに実践的な父の教え方で、戸惑うことも多いという。

「曾祖父の代から100年以上、静岡の名産『次郎柿』を生産しています。販売と生産の両方を一人でこなさなければならないし、まだ親父から学ぶこともたくさんあります。でも、昨年の収穫後、はじめて自分が育てた柿を、恩ある方にお贈りしたんです。それを美味しいと褒めていただいて、少し自信がつきました」。

 実際に農業の世界に飛び込んで今改めて感じているのは、柿と向き合ってやっていくことの大切さはもちろん、家をもっと盛り上げ、農業は儲からないというネガティブなイメージを変えたいということだ。

「基礎は勉強中ですが、面白いこと、新しいことができるのではないか。これから先、どう変えていこうかという目標ができました」。

 美しく磨かれたオレンジ色の柿は、恵まれた日照と、山からの冷たい風で甘さをその実に閉じ込める。脈々と紡がれてきたその営みに、いま新しい風が吹いている。

  • 柿農家

  • 匠の言葉

    「柿農家」
    “継ぐ”ということを考えたときに藤見さんの心に浮かんだのは、「家」と「柿」。切り離せないこのふたつをつなぐのはこの言葉だった。「自分にとって、継ぐということは柿農家なんだ、と。そう言葉にすることで、スイッチを入れています」と藤見さん。

店舗情報

藤見農園

  • 住所 静岡県磐田市岩室125-1▶︎MAP
    電話番号 090-7904-8123
    メール fujimi09079048123@gmail.com

    10月半ばから12月の収穫時期には、見事な鈴なりのオレンジ色が広がる。800本もの木から採れる次郎柿の年間の生産数は40tほど。収穫はすべて手作業で行われている。

    パリッとしたみずみずしい食感で、糖度は16度以上にもなり、なんとメロンと同程度という。

    六本木うかい亭などの有名店でも使われている藤見農園の柿。お取り寄せも可能だ。価格は6個入4,000円~、12個入7,000円~。相場は変動するため、要問合せ。

この記事をシェアする

RELATED ARTICLESこちらの記事もおすすめです

記事一覧 継ぎ人 記事一覧