ツワモノ

トライアンフ トライデント660

ISSUED | 2021.08

リターンライダーに“ちょうどいい”名門トライアンフのニューモデル

 趣味を楽しむ余裕が出来て、昔楽しんだバイクにまた乗りたい。そんな想いに駆られる人が増えているそうだ。今回はそんなリターンライダーにおススメの一台として、130年という現存するバイクメーカー最古の歴史を持ち、バイク好きなら一度は手にしたいと憧れる、英国トライアンフのニューモデル「トライデント660」を紹介する。
 マン島TTレースで活躍し、トライアンフを世界的なブランドに押し上げた「トライデントT150」。90年台に同社の経営危機を救ったヒットモデル「トライデント750/900」。「トライデント」の名は、まさにトライアンフの栄光と復権を象徴する名前なのだが、その名誉ある名を冠して登場したのが、「トライデント660」になる。このバイクの魅力は、190㎏の軽量コンパクトなボディに、660㏄の排気量で最高出力81ps、最大トルク6.5kgmを引き出す伝統の3気筒エンジンを組み合わせて、抜群の扱いやすさを実現している点だ。最大トルクの9割をほぼすべての回転域で発生させるエンジンは、市街地でストレスが無く、スロットルをグイッと開ければ高回転までパワフルに吹け上がり、ワインディングでは軽量ボディの恩恵で軽快に振り回せる。まさに絶妙なバランスを持ったバイクなのだ。装備面では、トラクションコントロールやABSに加え、ライバル車には無い高機能な二つのライディングモードを備え、スマホとメーターディスプレイを連動させて、ナビやGoProの操作などを可能にするオプションも用意されるなど、クラストップレベルの充実ぶりだ。これで100万円を切る価格なのだから、確実にバーゲンプライスと言えるだろう。
  ただ走ることが楽しくて、「バイクってこんなに気持ちいいんだ!」と感じた、そんな記憶への回帰こそがリターンライダーの望む想いだろう。いつでも気軽に乗れて、自在に振り回せる楽しさがあって、眺めては「カッコいいなぁ!」と悦に浸れる存在感のあるバイク。そして、それが “トライアンフ”とくれば、もう選ばない理由はない。「トライデント660」は、そんな魅力が詰まったバイクなのである。

※写真はオプション装着車

トライアンフ トライデント660
993,000円(税込)
トライアンフ モーターサイクルズ ジャパン
TEL:トライアンフコール03-6809-5233
URL:https://www.triumphmotorcycles.jp/

SHARE THIS ARTICLE この記事をシェアする

RELATED ARTICLESこちらの記事もおすすめです

  • 特集

    優雅にスパイシーなひとときをホテルの絶品カレーライス

    この記事を読む

  • 東京グルメバトン

    リストランテ山﨑 | 乃木坂

    この記事を読む

  • お取り寄せマルシェ

    りんご「トキ」「紅いわて」

    この記事を読む

  • クローズアップ

    まるでリゾートマンションのような「ラビドール御宿」
    で充実したセカンドライフを

    この記事を読む

TSUWAMONO ツワモノ 記事一覧