AFFLUENT monthly features 特集記事

甘いもの好きに捧げる 厳選 大人パフェ

ISSUED | 2021.02

 

 

「完全なデザート」の意味をもつパフェは、甘いもの好きにとって最高のご褒美だ。今やファミレスやコンビニでも様々な商品が販売され、日常的にパフェを食べている方も多いと思うが、甘い物をこよなく愛する「大人」にこそ楽しんで欲しいパフェがある。今回ご紹介する、老舗や専門店が素材から製造まで徹底的にこだわり完成させたパフェは、多くの経験を積んだ大人だからこそ、その価値や魅力を享受し、一口ごとに驚きや感動を楽しめる珠玉の一品だ。季節限定の今だけ楽しめるものから、テイクアウトの名品まで。ぜひお楽しみいただきたい。

Photographs_RYOMA YAGI.
Edit&Words_POW-DER.

名店のこだわりを楽しむ
至高のパフェ

作り手のこだわりが重なり合った、
名店渾身の大人のパフェを堪能してみてほしい。

イチゴの“王冠”を戴く王道ストロベリーパフェ

1902年の創業以来、銀座のシンボルとして愛される資生堂パーラー。銀座本店サロン・ド・カフェの定番は、イチゴを冠のように並べた盛り付け『クラウン』が目印のストロベリーパフェだ。イチゴは時期ごとにおいしい品種を厳選。その他、創業当時の味わいを守り続けている伝統のバニラアイスクリームをはじめ、ストロベリーアイスクリーム、イチゴソースの全てが自家製だ。シンプルな構成ながら、一つひとつに老舗のこだわりが凝縮。イチゴのジューシーさ、バニラの香り、美しい外見と、五感の全てで楽しみたい。

〈資生堂パーラー 銀座本店サロン・ド・カフェ〉
岐阜県産 “濃姫”のストロベリーパフェ

〈資生堂パーラー 銀座本店サロン・ド・カフェ〉岐阜県産 “濃姫”のストロベリーパフェ

岐阜県特産のイチゴ『濃姫』は、高貴な香りで果肉は柔らかく、甘酸っぱい味わいが口いっぱいに広がる。風味豊かなアイスクリームや生クリームとの相性も抜群で、イチゴの旬を堪能できるひと品だ。『濃姫』の展開は2/28(日)までの期間限定。2,000円(税込)。

資生堂パーラー 銀座本店サロン・ド・カフェ

住所:東京都中央区銀座8-8-3 東京銀座資生堂ビル 3階
TEL:03-5537-6231(予約不可)
営業時間:火〜土曜 11:00~21:00 (L.O.20:30) 日曜・祝日 11:00~20:00(L.O.19:30)
休日:月曜(祝日は営業)、年末年始休
URL:parlour.shiseido.co.jp

名職人による芳醇な高級チョコレートを堪能

べルギー王室御用達ブランド・ピエール マルコリーニのチョコレートは、素材の調達から焙煎、精錬など全て創始者ピエール マルコリーニが手掛けている。カカオの風味を重視した含有量70%前後のビターな味わいが特徴だ。使用されているチョコレートはカタチを変えた4種類。なめらかな口どけのアイス、カカオの苦味がクセになるクリーム、パリッとしたガナッシュ、濃厚に甘いソースと、チョコレート好きにはたまらない構成だ。店内には、そんなパフェに魅了され一人で通い詰める“パフェ紳士”も多いという。

〈ピエール マルコリーニ銀座本店〉
マルコリーニ パフェ チョコレート

〈ピエール マルコリーニ銀座本店〉 マルコリーニ パフェ チョコレート

銀座初上陸から20年。今や世界のチョコレート専門店を代表する存在だが、実はパフェが食べられるのは日本のカフェのみだ。さっぱりした生クリーム、バナナの優しい味わいと日本人好みの要素を加えたひと品は、開店当初からの人気メニュー。1,760円(税込)。

ピエール マルコリーニ 銀座本店

住所:東京都中央区銀座5-5-8
TEL:03-5537-0015
営業時間:カフェ 11:00~19:00(L.O.18:30)
休日:年末年始休
URL:www.c-c-c.co.jp

甘さと酸味が交じり合う大人だけに許された味

多くの外国人ゲストをもてなしてきたウェスティンホテル東京。そのロビーを抜けた先にある、約400種ものウィスキーが壁一面に並ぶザ・バー。ここで週末だけ食べられると話題なのが、洋酒を使ったパフェだ。ラインナップは季節ごとに入れ替わり、現在は深紅色のフルーツと濃厚なチョコレートの共演が堪能できる。そのひとつであるフォレノワールには、チェリーマルニエやキルシュを纏ったグリオットチェリーをトッピング。ウイスキーやカクテルとのマリアージュを楽しめる、まさに大人のためのパフェだ。

〈ウェスティンホテル東京 エグゼクティブバー ザ・バー〉
フォレノワール

〈ウェスティンホテル東京 エグゼクティブバー ザ・バー〉 フォレノワール

チョコレートケーキやアイスクリームの上に、チェリーを盛り付け。噛むと洋酒の風味がじんわりと広がる。アルコールが強いので、車の運転はNG。2/28(日)までの金・土・日曜・祝日、16時30分から20時30分まで限定で提供中。2,400円(税別)。

ウェスティンホテル東京 エグゼクティブバー ザ・バー

住所:東京都目黒区三田1-4-1 ウェスティンホテル東京1F
TEL:03-5423-7285
営業時間:12:00〜22:00(L.O.22:00)
休日:無休
URL:www.westin-tokyo.co.jp

家でも味わえる
テイクアウトパフェ

Withコロナで高まったテイクアウト需要。
人目を気にせず楽しめるひと品がこちら。

果物店だからこそ実現できたフレッシュな逸品

大塚駅近くに店舗を構えるフルーツすぎは、50年以上の歴史を持つ果物店だが、フルーツパーラーとしての一面も持つ。人気メニューであるパフェは、アイスなどは使わず、フルーツ本来の美味しさを活かした構成が特徴だ。マンゴーの下にはパイナップルやオレンジ、キウイなどが敷きつめられ、みずみずしいフルーツたちを贅沢に楽しめる。

〈フルーツすぎ〉
インカの秘宝マンゴーパフェ

〈フルーツすぎ〉 インカの秘宝マンゴーパフェ

ペルー産マンゴー「インカの秘宝 デル・テソロ」をダイス状にカット。輸送に耐えられるギリギリの状態まで現地で完熟させているため、国産にも負けない濃厚な甘さと、トロピカルな美味しさが味わえる。3月下旬頃まで提供予定。1,800円(税別)。

フルーツすぎ

住所:東京都豊島区北大塚2-11-4 グランダエクラディーカス1F
TEL:03-3940-1805
営業時間:平日12:00〜19:30、土祝日11:00〜19:30(ともにL.0.19:00)
休日:日曜・水曜不定休
URL:fruits-sugi.com/

果物店だからこそ実現できたフレッシュな逸品

国際的な社交場をめざし、大正時代に誕生した東京會舘。昨年東京ギフトパレットにオープンしたショップには、贈り物や手土産に最適な華やかなスイーツが揃う。店舗限定のごほうびパフェは、同舘の名物であるマロンシャンテリーを旬の食材と一緒に楽しめる贅沢さが魅力。雪のようなクリームと鮮やかな苺の彩りに心を奪われる。

〈東京會舘〉
ごほうびパフェ~ストロベリー&マロン~

老舗が誇る看板スイーツをパフェサイズにアレンジ

生クリームと濾した栗による、なめらかな舌ざわりがポイント。中段のグラノーラとピスタチオクリームがアクセントになり、口直し的役割を担っている。夏はゼリーなど、季節に合わせて使用する食材が変化する。2/28(日)まで提供予定。1,200円(税別)。

東京會舘 東京ギフトパレット店

住所:東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅八重洲北口
TEL:03-5222-6633
営業時間:平日9:30~20:30、土日祝9:00~20:30
休日:無休
URL:www.kaikan.co.jp

※ご紹介している店舗の情報は営業時間などが変更になる可能性があります。最新情報は店舗のWEBサイトをご覧いただくか、直接お問合せください。

SHARE THIS ARTICLE この記事をシェアする

RELATED ARTICLESこちらの記事もおすすめです