TOP MAGAZINEクローズアップ お客様目線で資産運用を総合的にサポートする
独立系ファイナンシャルアドバイザー「マネーアドバイスセンター」

お客様目線で資産運用を総合的にサポートする
独立系ファイナンシャルアドバイザー「マネーアドバイスセンター」

発行: 最終更新日:

コロナ禍の影響で不安定になっている金融市場を背景に、独立系ファイナンシャルアドバイザー(IFA)による資産運用が脚光を浴びている。このIFAの役割や注目される背景について、マネーアドバイスセンター株式会社代表取締役・志田正憲さんに聞いた。

マネアド(マネーアドバイスセンター)の資産運用

手数料にとらわれず中立的な立場でアドバイス。大切なお客様の資産をお守りし、長期にわたり資産運用のお手伝いを行います。
マネアド資料請求はこちらから

新時代の資産運用IFAとは

2020年に「金融商品販売法」が改正され、銀行・証券・保険などの金融サービスをワンストップで提供できる〝金融サービス仲介業〞が創設された。この制度により注目を集めているのが、独立系ファイナンシャルアドバイザー(IFA)だ。IFAとは何か、その役割や存在意義について、IFAのパイオニアである「マネーアドバイスセンター株式会社」代表取締役の志田正憲氏に聞いた。

image1

マネーアドバイスセンター株式会社
代表取締役 志田正憲

昭和39年生まれ。兵庫県明石市出身。昭和63年早稲田大学商学部を卒業し日興證券株式会社(現SMBC日興証券株式会社)入社。本社管理部門に10年、個人営業部店に9年勤務の後、独立してIFAに。2007年にマネーアドバイスセンター株式会社を設立。2009 年、株式会社SBI 証券の第1号の金融商品仲介業者として契約した実績を持つ。

「IFAとは特定の金融機関に所属せず、中立の立場から金融商品の提案や資産運用のアドバイスを行うアドバイザーのことです。独立系ですので、さまざまな制約に縛られることなく、お客様本位での資産運用を提案することが可能です。欧米ではすでにIFAとの資産運用がスタンダードになっています。日本でも人生100年時代の資産運用の重要性が認識されるようになった今、お客様のライフプランまで視野に入れながら、長期的な視点で資産運用を支援し続けることができるIFAの存在意義は高まる一方です」

志田氏は大手の証券会社にて長年勤務してきたが、顧客重視の理想的な営業は難しかったという。 「大手証券会社では平均して3〜4年に一度、異動があります。長期的な視点で資産運用をするには、担当者が頻繁に変わることは投資家にとってデメリットと言えます。また、会社に属している以上ノルマや予算制度があり、達成具合が評価に直結するため、顧客よりも会社の営業方針を優先してしまいがちです。長年勤務するなかで、もっと顧客と向き合い、顧客のためにメリットのある資産運用をしたい。上司の評価よりも、お客様の評価を信じて自立した仕事をしたい、と考えるようになり、退職してIFAになりました」

image1

信頼できる個人向け金融アドバイザー

資産運用を取り巻く金融ビジネス業界は、猛スピードで変わっている。これからの時代、資産運用を成功させるポイントとなるのは〝IFAの選択〞だと志田氏はいう。
「さまざまな制約に縛られることなく、お客様本位での資産運用を提案できるのがIFAの魅力です。証券会社のようにノルマもありませんので、やみくもにお客様の数を増やそうとせずに、お一人おひとりのお客様と向き合い、長い視点での資産運用に取り組みます。弊社では、例えば2〜3代にわたる節税やファミリーの資産管理など、長期間にわたる資産運用に関するアドバイスを得意としています。また、私たちIFAは内閣総理大臣の認可を受け登録をしている、あくまでも金融商品の仲介業者です。お客様の運用資産は、IFAではなく証券会社などの金融機関に預けていただきます。預けられた資産は、金融機関の資産とは分けて管理する〝顧客資産の分別管理〞のルールが適用されますので、万が一金融機関が破綻したとしてもお客様に返還される仕組みとなっています。ですからIFAを利用した資産運用は〝安全〞なのです」

image1

最後に信頼できるIFAを見極めるポイントについて聞いた。
「資産運用という大事なことを本当に託せる相手かどうかがポイントです。まずは面談を重ね、金融に関する知識や商品に精通しているかどうか、真にお客様のことだけを考えているか、人物本位で見極めてください。マネーアドバイスセンター株式会社は、個人向け金融アドバイザー業界のパイオニアです。長年積み重ねてきた実績と知識で、顧客の最大の利益追求を目指しています。たとえば現在の証券会社の担当者の運用実績に満足していない方、特定の金融機関に惰性で任せっきりにしている方は、ぜひ一度ご相談ください」

マネーアドバイスセンターからのお知らせ

お客様目線のアドバイスで資産運用を総合的にサポート

ご自身で商品や銘柄を勉強し運用するネット証券でも、割高な手数料で専門家がアドバイスしてくれる大手証券会社でもない、独立系ファイナンシャルアドバイザー(IFA)。それがマネーアドバイスセンター(マネアド)です。手数料にとらわれず中立的な立場でアドバイス。大切なお客様の資産をお守りし、長期にわたり資産運用のお手伝いを行います。

マネアドが選ばれる理由

01
信頼

お客様目線でアドバイス

来店客全員に対応する大手金融機関と異なり、面談を重ねて気に入っていただいたお客様にのみ全力でアドバイスします。短期の相場感でなく商品知識と普遍的な運用を長期で行うことでお客様から信頼していただくことを第一の目標にしています。

02
安心

資産は証券会社の口座に

マネアドが直接資産をお預かりするのではなく、マネアドの紹介でお客様に証券会社の口座開設していただきます。証券会社にお支払いただいた手数料の一部をマネアドの収益として証券会社からいただきます。万が一、マネアドがつぶれても資産は安全です。

03
費用

長期運用で手数料は割安

タイミングで売買する投機的取引ではなく、成長する企業や経済に対して銘柄や商品を分散しながら長期に保有、運用することで利益を目指す投資を提案いたします。結果的に売買の回数や頻度が少なくなりお支払いいただく手数料は大手より安くなります。

主な取引業者

あかつき証券
エース証券
SBI証券
日産証券

取引をしていただく場合はマネアドの担当者がご提案して了解を得て注文します。取引のない場合3か月~4か月に一度面談して現状の報告。取引の頻度が少ないので定期報告が中心になります。マネアドは取引時間中に頻繁に電話は行いません。ご希望されない限りそういうことはしません。ですので、現役で仕事が忙しい方、主婦やリタイアされた方でも趣味に忙しい方で頻繁な連絡を煩わしいと感じておられる方に向いていると思います。逆に毎朝相場の電話が欲しい方には向いていません。

資産運用をお考えの方へ

手数料にとらわれず中立的な立場でアドバイス。大切なお客様の資産をお守りし、長期にわたり資産運用のお手伝いを行います。資産運用をお考えの方は下記よりお問合せ・資料請求をお願い致します。

(平日9:00~17:00)
千代田区二番町8 -3 二番町大沼ビル201号室
関東財務局長第431号

※2022年2月7日現在の記事です。詳細はお問い合わせください。

others