ツワモノ

ライカM10

ISSUED | 2018.09

一瞬を確実に切り撮るための「傑作」レンジファインダーカメラ

 世界中のカメラ好きに、「歴代最高のカメラは?」と聞いたら、M型ライカは間違いなくトップ争いをするだろう。
 1925年に世界初の35㎜判フィルムカメラを発売したライカ。そのライカが1954年にリリースしたのがライカM3。後にレンジ(距離計連動式)ファインダーカメラの最高傑作と呼ばれる名機だ。ライカM3はブライトフレームファインダーやレバー式フィルム巻き上げ機構、わずかな回転で交換レンズを装着できるバヨネットマウントなど、その後のフィルムカメラの基本となる機構を初めて採用し世界を席巻。その革新性とタフなボディ、機能的な使い心地で、アンリ・カルティエ=ブレッソンやロバート・キャパ、木村伊兵衛といった20世紀を代表する写真家に愛され、数多くの歴史的瞬間を切り撮ってきた。
 ライカM3の誕生から60余年。その最新のM型が、デジタル化されたライカM10である。世界最高峰といわれるレンジファインダーはそのままに、新開発の2400万画素フルサイズCOMSセンサーやWi-Fiなどの最新技術を投入。新たに設けられたトップカバー上のISOダイヤルやスリム化したボディで、機動力もしっかりアップグレードされているのだ。
 名門ライカのM型という、名機の伝統を忠実に受け継ぐライカM10は、究極のレンジファインダーカメラとして、写真撮影の醍醐味を存分に楽しみながら、決定的瞬間を確実に切り撮る良き相棒となるに違いない。

Photographs_HIDE NOGATA.

ライカM10
950,400円(税込・レンズ別)
ライカサポートセンター
TEL:0120-03-5508
URL:http://www.leica-camera.co.jp

SHARE THIS ARTICLE この記事をシェアする

RELATED ARTICLESこちらの記事もおすすめです

  • 特集

    優雅にスパイシーなひとときをホテルの絶品カレーライス

    この記事を読む

  • 東京グルメバトン

    リストランテ山﨑 | 乃木坂

    この記事を読む

  • お取り寄せマルシェ

    りんご「トキ」「紅いわて」

    この記事を読む

  • クローズアップ

    まるでリゾートマンションのような「ラビドール御宿」
    で充実したセカンドライフを

    この記事を読む

TSUWAMONO ツワモノ 記事一覧