横浜グルメバトン

横浜グルメバトン VOL.12

STRASVARIUS | 中区 常盤町

ISSUED | 2019.04

上質な空間で堪能する経験に裏打ちされた王道のフランス料理

「日本料理 梅林」の山下英児さんからバトンを受け継いだのは関内駅からほど近くに店を構える「STRASVARIUS」の小山英勝さん。決して奇をてらうことのない本格フレンチのこだわりとは。

PROFILE

 
小山 英勝さん

日本各地の料理店で修業後、渡欧。スイスの無名店からフランス三ツ星レストランまで4年半滞在。帰国後エクセレント コースト、クイーン・アリスなどの料理長を経て2003年関内に本店「ストラスブール」、3年後に姉妹店「ストラスジュール」を開業。2017年両店を統合し「ストラスヴァリウス」をオープン。

 関内で15年愛されたフレンチの名店「ストラスブール」と、その姉妹店「ストラスジュール」。両店が統合して2年前にオープンしたのが、ここ「ストラスヴァリウス」だ。照明やディスプレイなど細部にまで気配りされた、シンプルでありながらも上質な空間。オーナーシェフの小山さんは、この店を自身の集大成と位置づける。

「料理はもちろん、仕入れからサービスに至るまで、自分の手で徹底的にこだわり抜きたいと考えました。全てをしっかりと把握するには、この30坪という広さが理想。落ち着いた雰囲気の中で、クラシカルな本物のフランス料理を味わっていただきたいと思っています」

 小山さんが大切にしているのは、長年経験を積んだからこそ分かる〝基本〞だ。自分にとってブレない料理を作りたい――その一つが、フランス料理の命ともいわれるソースだ。手間も時間もかかるが、「喜んでくださるお客様のためにも、そこは絶対に変えられません」と語る。

 アラカルトでの提供はなく、ディナー、ランチともにコースのみ。シェフ自ら市場に足を運び、その時季に最もおいしい食材を見極める。同じ素材であっても季節によって調理法は異なり、またワインとのマリアージュで新たな世界が広がる。一品一品の個性を際立たせるより、コース全体のバランスや流れを重視しているのも特徴だ。食べ終わったときには、まるで美しい音楽を聴いたときのような満足感に包まれるだろう。

 誕生日や記念日、お祝いの席に選ばれることも多いという同店。とっておきの大切な日を、きっとさらに思い出深いものにしてくれるはずだ。

経験と技術を結集させた王道のフランス料理。合わせるソースも季節や素材によって変化する。

RESTAURANT INFO 店舗情報


  • お祝の場に最適な個室も。
    壁紙はイギリス、カーテンはイタリアから取り寄せるなどこだわりが詰まっている。
  • STRASVARIUS (すとらすゔぁりうす/中区 常盤町)

    住所: 横浜市中区常盤町3-27-2▶︎MAP
    電話番号: 045-227-7018
    営業時間: 11:30~15:00(L.O.13:30)、18:00~22:00(L.O.20:30)
    休業日: 月曜日ほか不定休

THIS BATON FROM...


SHARE THIS ARTICLE この記事をシェアする

RELATED ARTICLESこちらの記事もおすすめです

GOURMET BATON 横浜グルメバトン 記事一覧