TOP MAGAZINE特集 2023年は大型施設が続々開業
東京未来NAVI

2023年は大型施設が続々開業
東京未来NAVI

巨大なビルや最先端の施設が立ち並ぶ首都東京。近年、バブル期や時代の節目に建てられたビル群の老朽化に伴い、街を巻き込んだ大きな都市開発が各地で進められている。
とくに2023年は注目度の高い大型プロジェクトが多数完成。建物の一新にとどまらず、都心部の未来をより豊かにしてくれる斬新で華やかな大型施設が続々と誕生する。
2023年、新たに開業する建物や施設に注目し、その魅力を紹介しよう。

Edit&Word_effect(NOBUYUKI YAMAHA.
MIDORI SHIMOKOSHI.
IKUMI UENO).

■虎ノ門・麻布台プロジェクト

[2023年中オープン予定]
虎ノ門 | ホテル・住居・オフィス・商業施設・フードマーケット・ミュージアムなど

住所:東京都港区虎ノ門5丁目、麻布台1丁目および六本木3丁目の各地内
TEL:03-6406-6606(森ビル株式会社広報室)
URL:https://www.mori.co.jp/projects/toranomon_azabudai/

Ⓒ DBox for Mori Building Co., Ltd.

革新と自然が融合する雄大な街

30年以上もの歳月をかけて計画、構築された「虎ノ門・麻布台プロジェクト」のコンセプトは、緑に包まれ人と人をつなぐ広場のような街「Modern Urban Village」。3棟の超高層タワーを配置する一方、低層部の屋上を含む敷地全体を緑化することで利便性と心安らぐ空間を両立させている。自然豊かな中央広場を中心とした敷地内には、オフィス、住宅、ホテル、インターナショナルスクール、商業施設、文化施設など、人々のライフスタイルを支える多様なコミュニティが一堂に集う。建築・デザインを担うのは、ロンドンオリンピックの聖火台を手がけた英国人トーマス・ヘザウィック氏をはじめとした超一流のトップクリエーターたち。森ビル総括のもと独創的でありながら一体感のある街をつくり上げた。森ビルがこれまでのヒルズで培ったすべてを注ぎ込んだ「ヒルズの未来形」を体現するプロジェクトだ。

中央広場を中心に、最も高いタワーのあるA街区、2つのタワーからなるB-1、B-2街区、商業施設を備えた低層階のC街区で構成される。

中央広場を中心に、最も高いタワーのあるA街区、2つのタワーからなるB-1、B-2街区、商業施設を備えた低層階のC街区で構成される。

POINT1
ラグジュアリー空間、アマンレジデンス 東京とジャヌ東京を併設

A街区のタワーの最上部、54階〜64階には世界的ラグジュアリーホテル「アマン」が手がける住宅「アマンレジデンス 東京」が入る。プライベートプールを含む1400㎡のアマン・スパや、ティールーム、ラウンジなど居住者専用の施設が充実。地上の街のにぎわいをはるか眼下に、平穏と静けさに包まれた極上の生活がかなう場所だ。また、B-2街区の1階〜13階には日本初進出のホテル「ジャヌ東京」が誕生。国内最大規模となる約3500m²のスパや、多様なシーンで利用可能な6つのレストラン、カフェバーなどを備えている。従来のラグジュアリーホテルよりもスイートルームを多くした約120室の客室構成で、緑豊かな中央広場を望む絶好のロケーションが魅力。グランド ハイアット 東京(六本木ヒルズ)、アンダーズ 東京(虎ノ門ヒルズ)などを手がけてきた森ビルとアマンがつくり出す唯一無二のホテルに注目が集まる。

Ⓒ DBox for Mori Building Co., Ltd.3つの巨大なタワーと全体を覆う自然が特徴。A街区のタワーは日本一の高さとなる Ⓒ DBox for Mori Building Co., Ltd.

3つの巨大なタワーと全体を覆う自然が特徴。A街区のタワーは日本一の高さとなる

  • Ⓒ DBox for Mori Building Co., Ltd.「アマンレジデンス 東京」のインテリアは国際的なデザイナー、ヤブ・プッシェルバーグが手がける。「アマンレジデンス 東京」のインテリアは国際的なデザイナー、ヤブ・プッシェルバーグが手がける。
  • Ⓒ DBox for Mori Building Co., Ltd.中央広場に面する「ジャヌ東京」のレストラン(イメージ)。あたたかなホスピタリティと開放的な空間がホテルの魅力のひとつ。中央広場に面する「ジャヌ東京」のレストラン(イメージ)。あたたかなホスピタリティと開放的な空間がホテルの魅力のひとつ。
Ⓒ DBox for Mori Building Co., Ltd.「アマンレジデンス 東京」の54階と56階は居住者専用の施設。ライブラリーやラウンジ、バーなどでくつろぎの時間を提供する。

「アマンレジデンス 東京」の54階と56階は居住者専用の施設。ライブラリーやラウンジ、バーなどでくつろぎの時間を提供する。

POINT2
約150店舗の商業施設と充実のフードマーケット

エリア全体にわたって展開する商業施設にはファッション、ビューティー、カルチャー、アート、ウェルネスなど約150の多彩な店舗がそろう。さらに中央広場の地下には大規模なフードマーケットがオープン。新しい時代の楽しさや豊かさを追求したショップと、東京の豊かな食文化を体験できるグルメスポットが並ぶ。国内外から訪れるゲストが満喫できることはもちろん、周辺エリアの人々が日常的に利用できる店舗構成となっている。

Ⓒ DBox for Mori Building Co., Ltd.約4000㎡の面積を誇るフードマーケット(イメージ)。「世界有数の食体験」ができる場として厳選した食材を使った料理を提供する。 Ⓒ DBox for Mori Building Co., Ltd.

約4000㎡の面積を誇るフードマーケット(イメージ)。「世界有数の食体験」ができる場として厳選した食材を使った料理を提供する。

Ⓒ DBox for Mori Building Co., Ltd.独特な建築が魅力の商業施設(イメージ)。提供するモノやサービス、体験などで人々の生活を豊かで創造的にすることを目指す。 Ⓒ DBox for Mori Building Co., Ltd.

独特な建築が魅力の商業施設(イメージ)。提供するモノやサービス、体験などで人々の生活を豊かで創造的にすることを目指す。

POINT3
自然があふれる憩いの地

プロジェクトの目玉のひとつが、自然と調和した環境づくり。敷地内は約6000m²の中央広場を含む約2.4haの緑地が広がり、憩いの場の提供とともに都心部におけるヒートアイランド現象の緩和にも寄与する。

Ⓒ DBox for Mori Building Co., Ltd.Ⓒ DBox for Mori Building Co., Ltd.

POINT4
話題のミュージアムがオープン

「街全体をミュージアムとする」というコンセプトのもと、ミュージアムなどの文化施設も多数展開。世界の人々を魅了する「森ビル デジタルアート ミュージアム:チームラボボーダレス」の移転開業も話題に。

©️チームラボ©️チームラボ

■東急歌舞伎町タワー

[4月14日オープン予定]
歌舞伎町 | 商業施設・ホテル・エンターテインメント・レストランなど

住所:東京都新宿区歌舞伎町1-29-1
URL:https://tokyu-kabukicho-tower.jp/

個性が集う歌舞伎町の新しいランドマーク

個性が集う歌舞伎町の新しいランドマーク

東洋一の歓楽街として国内外の人々を魅了する歌舞伎町。そんな世界中が注目する街をさらに盛りあげる新施設が、「東急歌舞伎町タワー」だ。地上48階、地下5階からなる超高層ビルには異なるテーマを持つ2つのホテルのほか、次世代の横丁を表現したフードホール、大手企業が仕掛けるアミューズメントエリアなど心踊る施設が入る。さらに映画館やライブホールなどのエンターテインメント施設も充実。「“好きを極める”場の創出」をコンセプトに掲げ、最新の設備と斬新なアイデアにより今までにない世界観を築き上げた。丸の内や銀座など洗練されたエリアでは味わえない歌舞伎町ならではのホットな時間を体験できそうだ。

POINT1
シネコン、劇場、ライブハウスなどエンターテインメント施設が充実

エンターテインメント施設のなかでもとくに注目を集めているのが、ハイスペックな映写と音響施設を備えたプレミアムシアター。シアター6には左右の壁面にも映像が投影される3面ワイドビューシアターを導入しており、ライブ映像など多岐にわたる楽しみ方が可能となる。そのほか、劇場やライブハウス、ナイトエンターテインメントフロアなど大人の遊びの幅がさらに広がる施設が充実している。

  • 9〜10階の「109シネマプレミアム新宿」は全シアターの音響を音楽家・坂本龍一氏が監修。館内で使用する楽曲も提供している。9〜10階の「109シネマプレミアム新宿」は全シアターの音響を音楽家・坂本龍一氏が監修。館内で使用する楽曲も提供している。
  • B1階〜B4階にはライブホール「Zepp Shinjuku(TOKYO)」とナイトエンターテインメント施設「ZERO TOKYO」が誕生。臨場感溢れる音楽体験ができる。B1階〜B4階にはライブホール「Zepp Shinjuku(TOKYO)」とナイトエンターテインメント施設「ZERO TOKYO」が誕生。臨場感溢れる音楽体験ができる。

POINT2
新宿の夜景を望む2つのホテル

18〜38階にはエンターテインメントホテル「HOTEL GROOVE SHINJUKU」、39〜47階にはラグジュアリーホテル「BELLUSTAR TOKYO」と、コンセプトの異なる2つのホテルが誕生(開業は5月19日)。新宿の絶景を望むことができる。

個性が集う歌舞伎町の新しいランドマーク

POINT3
自然があふれる憩いの地

1階〜5階にはエンターテインメント施設とレストランが入る。注目したいのが2階にオープンするフードホール「新宿カブキhall〜歌舞伎横丁」。「祭り」をテーマとして、食と音楽と映像が融合した全10店舗の飲食店が軒を連ねる。

POINT3 自然があふれる憩いの地

■(仮称)豊洲千客万来施設

[2023年冬期オープン予定]
豊洲 | 商業施設・温泉・飲食店など

住所:東京都江東区豊洲6-101-1の一部
URL:https://www.manyo.co.jp/toyosupj/

「商業棟」には、飲食店のほか、物販店やお土産店も出店予定。食べ歩きができるような工夫もされるそうだ。

「商業棟」には、飲食店のほか、物販店やお土産店も出店予定。食べ歩きができるような工夫もされるそうだ。

日本文化を発信する江戸前市場

豊洲市場に隣接し、食を起点とした日本の文化を発信するこの施設。敷地内は「商業棟」と「温浴棟」にわかれる。「商業棟」は木造建築の3階建てとなっており、江戸の街並みを再現。100店舗以上の飲食店などが出店予定だ。「温浴棟」は天然温泉施設のほか、屋上には「展望足湯」も備え、豊洲の絶景を眺めながら足湯を楽しむことが可能に。江戸前の新鮮食材を味わい、温泉に癒される。そんな日本ならではの体験が堪能できる施設だ。

■羽田エアポートガーデン

[1月31日オープン予定]
羽田 | 商業施設・飲食店・温浴施設・ホテルなど

住所:東京都大田区羽田空港2-7-1
URL:https://www.shopping-sumitomo-rd.com/haneda/shopping/about/

施設中心に位置する1000㎡、天井高最大13mの吹き抜け空間「グランドホワイエ」。開放的な空間のなかに飲食店やショップが立ち並ぶ。

施設中心に位置する1000㎡、天井高最大13mの吹き抜け空間「グランドホワイエ」。開放的な空間のなかに飲食店やショップが立ち並ぶ。

利便性を極めた空港直結施設

早くも1月31日にグランドオープンを迎えるのは、羽田空港第3ターミナル直結の複合施設。中核となるのは「住友不動産 ホテル ヴィラフォンテーヌ」だ。プレミア羽田空港とグランド羽田空港の2つにわかれており、エアポートホテルとしては日本最大の全1717室を有する。ほかにも約20店舗の飲食店や、約60店舗が出店するショッピングゾーンなども開業予定だ。日本の玄関口にふさわしい、おもてなしと利便性を極めた施設となるだろう。

展望天然温泉「泉天空の湯」。「ホテル ヴィラフォンテーヌ」とともに、先行して2022年12月21日にオープンした。

展望天然温泉「泉天空の湯」。「ホテル ヴィラフォンテーヌ」とともに、先行して2022年12月21日にオープンした。

■(仮称)自由が丘二丁目計画

[秋期オープン予定]
自由が丘 | 商業施設・飲食店など

住所:東京都目黒区自由が丘2-27-11
TEL:043-212-6733(イオンモール株式会社)
URL:https://www.aeonmall.com/news/index/3165/

緑あふれる吹き抜けやテラスが広がり、開放感があふれる施設内。地域で暮らす人、訪れた人の憩いの場となりそうだ。

緑あふれる吹き抜けやテラスが広がり、開放感があふれる施設内。地域で暮らす人、訪れた人の憩いの場となりそうだ。

人気エリアの緑豊かな新スポット

イオンモールが手掛ける商業施設として、自由が丘駅から徒歩2分の立地に誕生予定となっている「(仮称)自由が丘二丁目計画」。地下2階、地上4階建ての建物に、ショップやレストラン、スーパーマーケットが出店予定となっている。建物のコンセプトは“小径の Green Hill(緑の丘)”。施設内には緑豊かなテラスや吹き抜けが広がり、ちょっとした散策気分が味わえるのも特徴だ。日々の暮らしを豊かにしてくれるスポットの誕生に注目が集まる。

地上4階建ての建物は、自由が丘の空気感にもなじむ洗練された印象。自由が丘駅からのアクセスが良好なのも魅力。

地上4階建ての建物は、自由が丘の空気感にもなじむ洗練された印象。自由が丘駅からのアクセスが良好なのも魅力。

横浜にも注目
■Kアリーナプロジェクト

[秋期オープン予定]
横浜 | アリーナ・ホテル

住所:神奈川県横浜市西区みなとみらい6-2-2
URL:https://www.kencorp.co.jp/pro/development/case/example/k-arena/

緑あふれる吹き抜けやテラスが広がり、開放感があふれる施設内。地域で暮らす人、訪れた人の憩いの場となりそうだ。

Kアリーナ横浜、ヒルトン横浜などの開発街区を「ミュージックテラス」と呼ぶ。音楽を通して交流を生む場を目指す。

横浜に世界最大級の音楽アリーナ誕生

音楽を中心とした都市開発が、みなとみらいエリアで展開される。中核となるのは、音楽に特化したアリーナとしては世界最大級となる「Kアリーナ横浜」だ。「アーティストの夢を叶える音楽アリーナ」をコンセプトに、良質な音を追求した音響空間を実現する。またホテル「ヒルトン横浜」も開業予定のため、遠方からのアクセスも便利に。大型ライブハウスなどの施設が立ち並び、音楽都市でもある横浜。その新たな顔となりそうだ。

※2023年1月4日現在の記事です。詳細はお問い合わせください。

others