AFFLUENT monthly features 特集記事

あえて気取らず楽しみたい いまこそ、ボルドー

ISSUED | 2016.12

 

撮影/田所瑞穂

あえて気取らず楽しみたい いまこそ、ボルドー

世界中を見渡しても類を見ない豊かな食文化を持つ日本。そして、食を楽しむシーンに欠かせないものが、お酒だ。
今回はワイン、中でも「ボルドー」に再注目。なんとなくワインを飲んでいるあなたもわかるボルドーの魅力を再発見しよう。

フランスの南西部に位置する港町「ボルドー」は、ブルゴーニュに並ぶフランスを代表するワインの名産地だ。

 ボルドーの魅力の一つは、〝アサンブラージュ(品種のブレンド)〞だろう。単一品種のブドウでワインを造るブルゴーニュに対し、ボルドーでは2種類以上のブドウをブレンドする。若い頃はイマイチ、と感じたワインが熟成させることで旨味が増し、深い味わいに変わっていくのもボルドーワインの面白いところ。

 世界を代表するほどずば抜けた赤ワインを生み出すシャトーがひしめく、メドック地区。ボルドーでは珍しい赤と白の両方のワインを醸造するワイナリーが多い、グラーブ地区。メルロ種主体で造る赤ワインが人気のサンテミリオン地区、ポムロール地区。貴腐ワインの最高峰ソーテルヌ地区。どの地域をとっても、〝トレビアン!〞のひと言だ。さあ、今宵はどのボルドーから楽しむ?

素晴らしいワインを造る銘醸地として、世界中のワインファンから熱い眼差しを受け続けているボルドー。
その魅力を田辺氏が語る。

ソムリエ・ワインディレクター 田辺公一氏に聞くボルドーの魅力

PROFILE

日本ソムリエ協会認定
ソムリエ ワインディレクター

田辺公一

2005年第6回ロワールワインソムリエコンクールファイナリスト、2007年第6回キュヴェ・ルイーズポメリーソムリエコンテスト優勝。ザ・リッツ・カールトン東京開業時よりソムリエを務める。
2012年レストランL‘ASのオープンと同時にシェフ・ソムリエ就任。現在株式会社レコール・デュ・ヴァンが運営する全飲食店舗の統括ワインディレクターを務めるほか、都内レストランやワイン関連会社のワインセレクション、ドリンクアドバイザーを務める。またワインを中心とした、各種飲料のイベント監修やコメンテーター、プロモーション活動も積極的に行っている。

繊細でエレガント。だけど気さくな「ワインの女王」

 フランス料理に合わせるワインの定番として有名になったボルドー。特にカベルネ・ソーヴィニヨンなど力強い品種を使った赤ワインが人気で、高級でしっかりとした味わいのフルボディ赤ワインのイメージも強いだろう。ソムリエ・ワインディレクターとして活躍する田辺公一氏曰く、「日本では、ボルドー↓レストラン↓高級、という方程式が出来上がっていますが、実際はもっともっと身近で普段づかいのワインもあるんです。もちろん白だって、おすすめしたいものがたくさんあります。」

 ワインは自分の分身! と語る田辺氏。「ザ・リッツ・カールトン東京」開業時にはソムリエを務め、在職中に渡仏し、パリの二つ星レストラン「サンドランス」で研修を受け、フランス各地のワイナリーを訪問。フランスワインの2大産地であるボルドーは、良質なブドウが育つ環境が整ったワイン造りに恵まれた場所であり、ワインを飲むことは、伝統的でありながら、当たり前のように人々の生活に溶け込んでいた。

赤だけじゃない、“ フィネス”なボルドーをもっと気軽に飲んでほしい

キャラクター、バリエーションも豊か。選ぶ楽しみが広がるボルドー

クオリティに対しての基準が高いボルドーワインは、熟成感もあり、すぐに飲んでも美味しい。個性が立ち、合わせる料理がわかりやすく、ワイン初心者にもおすすめだ。「小売価格4000円未満のボルドーワインを 〝バリューボルドー〞として100本を出しています。2016年は516本ものワインがエントリーしたんですよ。日常的に気軽に飲めるボルドーを知ってもらえるのが嬉しいですよね。それから、その中の一部を提供するイベントを六本木ヒルズで開催したのですが、ボルドー=赤のイメージを崩したくて、テーマカラーをグリーンにして。ワインバーの内装などもグリーンで統一しました」

 若干38歳という年齢でありながら、数々の賞を受賞。2012年には「L'AS」のオープンと同時にシェフ・ソムリエに就任するなど、ソムリエとして輝かしい経歴を持つ田辺氏。現在はソムリエという枠を越え、ワインディレクター、レコール・デュ・ヴァンの講師など様々なステージで活躍。そして今年、〝バリューボルドー2016〞を決める10名のテイスターにも選ばれた日本のワイン業界を牽引する一人だ。「ボルドーは、ソムリエになって最初に出会った私の原点です。色々な国のワインが楽しめる成熟した市場の日本において、ボルドーの中から白、赤と選択されることが少なくなりました。バリューボルドーのような、日常的に並ぶワインも広がりつつあります。アペリティフからメインまで、ボルドーで揃えてみるのも新たな発見があり、楽しいですよ」

 ビオワイン、オーガニックワインに続き、〝ヴァン ナチュール〞=自然派ワインというスタイルが認知されつつある日本だが、ボルドーではすでに当たり前のことだとか。自然への畏敬の念を抱きながら農業をし、ブドウを醸す。ボルドーが世界トップレベルから手軽なものまで、豊かな産地になった所以かもしれない。

2016年、最後の大本命は「ボルドー・ロゼ」!

「ボルドーでおすすめするなら、ボルドー・ロゼですね!」と田辺氏。白ワインと赤ワイン両方の要素を持っているロゼワインは、料理とのマリアージュを深く考えなくてもどんな料理も合わせやすい。

「泡、白、赤と飲み進めていくのが基本ですが、その中にロゼの選択肢を入れることで、その流れがさらに良くなるんです。世界的に見ればロゼワインはよく飲まれていて、定番になりつつあります。日本でロゼワインというと甘口のものをイメージされると思いますが、最近では辛口のものも多く流通しています。特にボルドー・ロゼはクオリティが高い! クリスマスや忘年会などパーティが多くなるシーズンですし、ぜひ気軽に試してみてほしいです」

様々なシーンで選びたくなるボルドー・ロゼだが、実はリーズナブルなものが多いのも魅力、と田辺氏。女性ウケも間違いなしのロゼワイン。あなたの頭の中のワインリストに、早速追加しておこう。

田辺公一氏が選ぶ、今旬ボルドー

コストパフォーマンス◎注目のボルドーワイン

田辺氏厳選のボルドーワインをフルコースでご紹介。
どれもコストパフォーマンスが高いから、デイリーに楽める。

柔らかな泡立ちチャーミングなロゼ・スパークリング

  • AOCクレマン・ド・ボルドークレマン・ド・ボルドー・ジャイヤンス・ブリュット・ロゼ
    CREMANT DE BORDEAUX JAILLANCE BRUT-ROSE


     女性を喜ばせたいならば、断然ロゼ・スパークリング! グレープフルーツや、リンゴ、赤いベリーのようなフレッシュな香りが心地よく、食前酒はもちろん、食中酒としても楽しめる。 ボルドーは海が近いエリアでもあるので、魚介料理との相性もバツグン。バリューボルドー2016。

    [MARIAGE]赤ワインビネガーをまぶしたフレッシュなオイスターや小エビのカクテルサラダなどの魚介類を使った料理。
    品種:メルロ100% オープン価格:2,080円 輸入元:ベルーナ

香り高く軽やか気軽に飲めるボルドー・ロゼ

  • AOCボルドー・ロゼレザマン・ドゥ・モン=ペラ・ロゼ 2014
    LES AMANTS DU MONT-PERAT 2014


     カベルネ・ソーヴィニヨン100%で造られたボルドーらしいロゼ。赤スグリやアセロラ、桃、紅茶、バラの花が華やかに香る。酸味は穏やかで、かすかな苦味があり、少しのタンニンがコクを加える。みずみずしいピンクに魅了される軽やかでバランスが取れたロゼ。バリューボルドー2016。

    [MARIAGE]エビやカニのグラタンなどチーズを使った料理。金目鯛とムール貝を一緒にヴァプールしたもの。
    品種:カベルネ・ソーヴィニヨン100% 小売価格:2,700円 輸入元:ヴィントナーズ

芳醇な香りと贅沢な味わい希少な白

  • AOCボルドークロ・デ・リューヌ・リューヌ・ダルジャン 2014
    CLOS DES LUNES LUNE D’ARGENT 2014


    クラーヴの格付けを持つドメーヌ・ド・シュヴァリエがソーテルヌで造る樽熟のボルドー・ブラン。熟したフルーツの香りが最初に表れ、洋梨やりんご、ミツロウの香りも豊か。酸味はおだやかで、ほのかな渋味がコクとなり、ボディに厚みを与えている。バリューボルドー2016。

    [MARIAGE]皮目を焼き白ワインソースで仕上げたイサキやスズキなどの魚料理に。ボルドー産のセップ茸を添えて
    品種:セミヨン70%、ソーヴィニヨン・ブラン30% 小売価格:3,888円 輸入元:アルカン

熟成感が漂うふくよかな究極の赤

  • AOCサンテミリオン・グラン・クリュシャトー ラセーグ サンテミリオン グランクリュ 2006
    CHATEAU LASSEGUE SAINT EMILION GRAND CRU 2006


    カリフォルニアでスターワインを造るワインメーカー、ピエール・セランが祖国フランスに凱旋して造った究極の赤。ブラックベリーやカシスの香りが漂う、デリケートでエレガント、そして複雑味のあるワイン。世界遺産でもあるサンテミリオンのシャトーの畑に注ぐ「太陽」を模したラベルも印象的だ。
    [MARIAGE]うなぎの蒲焼き(山椒にも合う)。タレで焼いた舞茸や椎茸。フォアグラのポワレ。鴨のコンフィ。
    品種:メルロ60%、カベルネ・フラン35%、カベルネ・ソーヴィニヨン5% 小売価格:5,400円 輸入元:JALUX

世界トップレベル級コスパも良しの優秀貴腐ワイン

  • AOCカディヤックシャトー ラグランジュ カディヤック スウィート 2005
    CHATEAU LAGRANGE CADILLAC SWEET 2005


    世界が誇る貴腐ワインの産地ソーテルヌの対岸に位置するカディヤックで醸造。りんごの蜜やハチミツなどの甘い香りに、樽熟香からくるバニラ香が重なる。甘みの中にもしっかりと酸が立ち、凝縮感と複雑な香りが口の中を満足させる。熟成感も文句なし!  バリューボルドー2016。

    [MARIAGE]はちみつをかけたロックフォールブルーチーズ。フォアグラのパテ。洋梨のタルトなどデザートに
    品種:ソーヴィニヨン・ブラン50%、セミヨン50% 小売価格:2,808円 輸入元:飯田

END

SHARE THIS ARTICLE この記事をシェアする

RELATED ARTICLESこちらの記事もおすすめです