TOP MAGAZINEクローズアップ 信頼できるIFAの選び方中立的な立場で資産形成をサポート Wells Partners

信頼できるIFAの選び方中立的な立場で資産形成をサポート Wells Partners

・中立的な立場で資産形成や運用について助言が欲しい
・ずっと同じ担当者に長期的な投資の相談をしたい
・幅広い商品やオーダーメイドな商品を紹介して欲しい

こんなお悩みを解決する独立系ファイナンシャルアドバイザー Wells Partners

詳しいサービス内容を知りたい方は

最近、独立系ファイナンシャルアドバイザー(IFA)に資産形成や投資のサポートを求める動きが活発化している。サービスの概要や利用するメリットについてIFA事業を展開する株式会社Wells Partnersの岡本光平執行役員に話を伺った。

中立的な立場で資産形成をサポートするIFAとは

 資産に関する相談先というと、銀行や証券会社、保険会社といった金融機関を思い浮かべるのではないだろうか? しかし、それらの異なる業態の金融商品やサービスは膨大になるため、その中から自分にあったサービスを見つけだし、自力で長期的な投資を行っていくというのは、手間と時間がかかってしまいなかなか大変だ。そこで、最近注目を集めているのが、金融商品仲介業の資格を持った独立系ファイナンシャルアドバイザーIFA(Independent
Financial Adovisor) の存在だ。IFAの登録人数は2021年6月末時点で4738人。直近の2018年から2020年にかけての3年間は、前年比110%超の増加が続いている(※)。

(※)出典:日本証券業協会「金融商品仲介業者の登録外務員数」

chart

Wells Partnersのサービス4つの特徴

1.生涯担当制

メインマネージャーは生涯担当制で、長期的なビジョンでの相談ができる。要望がない限り、担当者変更はない。

2.チーム担当制

多様なバックグラウンドを持つプロフェッショナルがチームを編成し、ニーズに応じてソリューションの提供を行う。

3.地域格差がない

東京都内のほか大阪、広島にもオフィスを開設。リモート面談体制も整え、全国各地で地域格差なくサービスを提供する。

4.幅広い商品とサービス

多様な金融商品を揃えるとともに、事業承継の問題、M&A、上場の相談など幅広い分野での相談も可能。

 超富裕層・富裕層向けのIFA事業を展開する「株式会社Wells Partners(ウェルズ パートナーズ)」。そのサービスの特徴は「生涯担当制」と「チーム担当制」にある。同社では、多様なバックグラウンドを持つプロフェッショナルたちがお客様のニーズに応じてチームを編成し、それぞれの専門性を組み合わせながらバリエーション豊かな資産運用・管理・相続などのソリューションの提供を行なっている。チームの中心的役割を担うメインマネージャーは生涯担当制となっており、お客様のご希望がない限り異動や転勤などによる担当者の変更は行われない。お客様の一生に寄り添い、さらには世代を超えて付き合うことができる。

Wells Partnersのサービス一覧

有価証券
オルタナティブ
コモディティ
国内外不動産
相続・事業承継
タックスプランニング
M&Aアドバイザリー
IPO支援
融資・ローン紹介
海外留学・移住支援
財団・社団法人設立支援
クレジットカード
マーケットビューポー
トフォリオ助言
次世代教育
社会貢献
ビジネスマッチング
コンシェルジュサービス

など

 特筆すべきは、対応できる領域に制限を設けていないことだ。これまでにもプライベートジェットや古城の購入、映画制作、留学サポート、投資を目的としたワインや絵画の買い付けといった要望にも応えてきたという。金融資産1億円以上を保有する富裕層、5億円以上を保有する超富裕層をメインターゲットとする同社ならではのリクエストだが、どんな要望にもきめ細やかな対応を行なっている。

Interview

お客様第一主義を追求し
柔軟で自由度の高い金融ソリューションを提供

株式会社Wells Partners
執行役員・西日本統括責任者・大阪オフィス長
岡本 光平

1985年生まれ。甲南大学経済学部卒後、信用金庫、大手証券会社にて法人営業・リテール営業に従事。 2020年10月株式会社Wells Partners執行役員、大阪オフィス長として大阪オフィスを開設。2021年4月同社西日本統括責任者として広島オフィスを開設。【保有資格】日本ファイナンシャルプランナーズ協会正会員(AFP)、投資診断士®、一般社団法人相続診断協会 相続診断士

IFAに求められるのは中立的な立場と俯瞰的なアドバイス

 IFAは、銀行や証券会社など特定の金融機関に属さず、中立的な立場で資産形成や資産運用、投資について助言や提案を行うアドバイザーです。欧米の富裕層の多くは銀行や証券会社と取引するのと同様にIFAとも取引するのが一般的で、金融に関するあらゆることをIFAに相談しています。

 IFAは、銀行や証券会社のように自社商品を販売するわけではありません。ですから常に俯瞰的な視点でアドバイスをしたり、お客様の要望に沿う商品・サービスの提供が可能です。最近はIFAの認知が高まってきており、サポートを受けたいとご相談をいただくことが増えています。お話を伺うと現在の運用状況が芳しくないとか、銀行や証券会社の担当が顧客を多数抱えているために忙しくて親身に相談に乗ってもらえない、頻繁に担当者が変わって長期的なビジョンでの相談ができないという方が多く見受けられます。また、これまで頑張って貯蓄をしてきて、いざ投資を始めてみようと思っても知識や経験がなくて困っているという方、あるいはセカンドオピニオンが欲しいといった方からのご相談も少なくありません。

Wells Partnersが多くの方に選ばれる理由

 オーソドックスなIFAは、証券会社から業務委託を受けて有価証券の売買の媒介、仲介を行うのがメインです。しかし当社は、銀行・証券会社でのプライベートバンキング(PB)業務経験者だけでなく、税理士、会計士、宅地建物取引士、ポートフォリオマネージャー、アナリストなどさまざまな資格を持つ人材が集まっていて、従来の金融サービスの枠にとらわれず幅広いニーズに対応できる体制が整っていることが特徴です。また、社内では情報交換会や勉強会を通じてお互いの知識や経験をシェアし、日々スキルアップを図ったり、さまざまな要望に応えられるよう専門性の高い人材を確保し、サービスの向上に努めています。幅広いニーズにソリューションを提供する力。そこにお客様から選んでいただける理由があると思います。

 金融商品仲介以外で多い相談が、後継者不在による事業承継の問題、M&A、上場といったお客様の事業に関することです。例えば、会社を売却することをお薦めして現金を手元に残したり、業務提携先を見つけてご紹介するということがありました。節税対策についてアドバイスを求められることもあり、その場合は損益のバランスなどについてご提案をさせていただいています。このように、当社のIFAはお客様のコンシェルジュという側面が強いですね。

関西エリアに力を入れて金融の地域格差をなくしたい

 IFAも含め金融全般が東京に一極集中しています。だからこそ当社は、西日本での事業に力を入れています。2020年10月に大阪オフィスを、2021年4月に広島オフィスを開設しました。リモート面談(サービス名:リモートPB)の体制も整えており、コロナ禍以来リモートPB利用者が増えています。金融の地域格差をなくしていきたいというのが当社のビジョンの一つです。

 かつて大手証券会社に在籍しリテール営業と法人営業を担当していた頃は、お客様に自社の商品だけしか薦められないことや、会社や組織のしがらみがあり必ずしもお客様本位で動けるわけではないことにジレンマを感じていました。お客様だけに向き合って長いお付き合いがしたいとIFAを志しました。今は、お一人おひとりのお客様に対してオーダーメイドに近い形で質の高い提案ができることに醍醐味を感じていますし、金融を通じてその方の人生に寄り添えることが私の喜びになっています。

人生100年時代
生涯に渡って付き合えるIFAをお探しの方
資産運用や投資について、不安や不満があるという方は
ぜひ一度IFAの活用を検討してみませんか?

others