TOP TREND EYE 海と富士山が見えるシニア住宅に住む【マゼラン湘南佐島】健康で楽しい60歳から始まる第二の人生!

海と富士山が見えるシニア住宅に住む【マゼラン湘南佐島】健康で楽しい60歳から始まる第二の人生!

発行: 最終更新日:
海と富士山が見えるシニア住宅-アフルエント

朝日と波の音で目覚め、富士山に沈む夕陽を眺めながら1日を終える。こんな生活を人生で一度は味わいたいと思ったとき、ふと考えるのが60歳を過ぎてからのセカンドライフだ。仕事や子育ては落ち着いたが、リタイアするにはまだ早い。高齢者住宅や老人ホームとは違う、ほどよい距離感でサポートを受けながら新しい交流を楽しむシニア向け住宅「マゼラン湘南佐島」を紹介する。

心地いい波音が聞こえる生活

海が見える部屋-アフルエント

都会の喧騒を離れた小高い丘の上にあるマゼラン湘南佐島は、「健康な人をより健康にする」をコンセプトに2019年よりソフトオープン。2021年8月からモニター入居をスタートした横須賀市の健康型有料老人ホームだ。表面だけ見ると「介護の要らない60歳からのシニア住宅」だが、リゾートホテルのような雰囲気と目の前に広がる相良湾の大パノラマは、何度でも足を運びたくなる魅力的な場所として注目を集めている。

その中でも特に素晴らしいと絶賛されているのが、入り海となる相良湾との距離。マゼラン湘南佐島と相良湾の間には、車が走る道路が一切ないため、視界を遮るものや騒音・生活音とは無縁の世界。山を切り開いて作られた地下1階から地上5階の建物は、窓を開ければどの部屋からも波の音が聞こえる生活が待っているのだ。2020年に人気ドラマのロケ地としても注目され、知る人ぞ知る穴場スポットになっている。

最大の目的は健康寿命を延ばすこと

マゼラン湘南佐島の総支配人・上園健氏インタビュー-アフルエント

なぜ、健康型有料老人ホームという位置付けをするのか。この疑問について、マゼラン湘南佐島の総支配人・上園健氏が答えてくれた。

「少子高齢化が社会問題として注視されている日本では、健康寿命をどれだけ長く延ばせるかが大きく問われています。好きなものを食べて、自由に体を動かして、多くの人と触れ合う生活ができる。歳を重ねても、この期間を長く過ごしてもらいたいという思いから始まったのがマゼラン湘南佐島です。私たちが掲げている健康な人がより健康になるという目標は、この健康型有料老人ホームをプラットホームに実現することで、こうした社会課題の解決に繋げていこうと考えています。」

レストランのメニュー-アフルエント

自然に寄り添いながら個々のペースで心地いい生活が送れること、これが最大の魅力。プライベート空間、新しい出会いにつながる多世代交流の場、栄養バランスに配慮された美味しい食事、海を眺めながら健康な体を維持する運動、さらにデジタルデバイスを使った健康管理サポート。心と体の健康力を底上げする生活環境は、従来の老人ホームが持つイメージや概念からは大きく外れたもの。だからこそ、「やりたい、やってみたい」という入居者の知的好奇心を刺激して、健康寿命を延ばすきっかけになるのだろう。

気分良く過ごせる快適空間5つ

マゼラン湘南佐島は、健康な高齢者が海と富士山が見えるシニア住宅に住むという入居スタイルに加えて、気分良く過ごすためのサービスや施設が揃っている。入居者だけでなく家族や親戚、近隣の住民と気軽に交流できる仕組みを紹介する。

海が見える絶景レストラン

相良湾を一望するレストラン-アフルエント

相良湾を目の前に、やさしい木目調で統一された開放的な空間を提供してくれるレストランは、地元の人たちからも大好評。相良湾の絶景を堪能するならカウンター席もおすすめだ。シーズン時であれば、ダイヤモンド富士が見える晴れた日のサンセットタイムも地元では人気スポットとして知られている。また、4名以上の予約であれば3,300円(税込)または6,600円(税込)の懐石コースで個室利用も可能。記念日や家族会、友人グループでのディナーなど、さまざまな用途に使える。

ほっと一息するブックカフェ

ほっと一息するブックカフェ-アフルエント

2階エントランスから降りた地下1Fには、雑誌や小説、ビジネス書、コミックと豊富な書籍を取り揃えているブックカフェがある。軽食やスイーツをはじめ、本格コーヒーや紅茶は440円(税込)からとリーズナブル。友人との会話を楽しんだり、のんびり読書したり、過ごし方は自由自在だ。

入居者は無料で利用できるフィットネス

ジムで運動不足解消-アフルエント

一般も利用できるフィットネスは、グループ指導15分とマシン運動15分の1回30分を目標としたトレーニングが基本。姿勢の改善や首・肩のコリ、腰痛、膝の痛みなど、個人の悩みをヒアリングしながら、トレーナーが健康的な生活習慣を身につけるための体の使い方を教えてくれる。

多世代で交流できる多目的ルーム

ヨガやワークショップ、マルシェができる多目的ルーム-アフルエント

白を基調とした天井と壁でスタイリッシュな雰囲気を感じさせる多目的ルームは、ヨガやワークショップ、マルシェなど幅広い活用法が期待できる場所。地域に根ざしたコミュニティ作りができる多世代の交流の場として、趣味や出会いの空間として活用されている。

沈む夕日を眺めながら疲れを癒すスパ

富士山が見えるスパ-アフルエント

サウナを完備したスパは、1日の疲れを癒すのに最適。休憩スペースにはマッサージチェアが用意され、ゆっくりリラックスできる空間だ。女性フロアには、美顔器スペースやアロマなど細やかなサービスも充実している。

実際の生活について入居者の声を聞く

マゼラン湘南佐島は、60歳以上を対象に1年を上限にしたモニター入居という形で生活を楽しむスタイル。つまり1ヶ月単位で入居ができるため「どんな生活ができるのか味わってみたい」という方や「ワーケーションスペースとして利用してみたい」という方におすすめだ。実際に生活を始めている入居者たちが、どのように過ごしているのかリアルな声を聞いてみた。

眼前眼下が海!ロケーションNo.1です

体験入居者インタビュー-アフルエント

「海が見えるところに住みたいと思い、いろいろな施設から資料を取り寄せたり見学しました。でも、心の底から海がきれいに見えると感じたのはマゼラン湘南佐島だけ。もう、この景色に一目ぼれ。2020年に何度か体験入居をして、ここに住もうと決めました。海の近くにベッドを置いたから目の前が海と富士山ですよ。朝起きて、スパに行って、ジムに行って、富士山が見える5階のラウンジでランチして。四六時中、潮騒と会話しています。お買い物を頼めばスタッフが買ってきてくれて、本当にありがたい。ここに住むと、どんな方でもいい人になる。それだけの魅力があると思います。入居期間は1年ですが、一棟買いたいと思うくらいずっと住みたい場所です。」

スタッフの方がとても親切でやさしい

実際の入居感想-アフルエント

「91歳を迎えて老人ホームに入らなければと思ったけど、まだまだ元気。そんな私に甥がすすめてくれた場所が、マゼラン湘南佐島でした。富士山がきれいに見えて、それが本当に目の娯楽。すっかり気に入って入居しました。これまでは賑やかな土地に住んでいましたから、こうした静かなところに住みたいとずっと思っていて。ここで過ごすと長生きできそうって入居者の方と話していました(笑)スタッフの方も本当に丁寧でご親切。先日、部屋の鍵を失くしてしまったのですが、スタッフの方が親身になって探してくれて、見つけてくださいました。見学の時にも感じましたが、スタッフ皆さまの雰囲気がとてもいいです。」

訪れた人が気持ちよく過ごせるように

マゼラン湘南佐島のエントランス-アフルエント

上限1年間というモニター入居を通じてマゼラン湘南佐島が目指すのは、誰もが気持ちよく過ごせるよう、スタッフ全員が相手の立場に立って物事を考え行動すること。多世代が交流できる活気ある環境を提供すべく、日々ワクワクできる企画や健康サポートを考えているという。

マゼラン湘南佐島の総支配人・上園健氏-アフルエント

例えば入居者の健康管理をサポートする手段には、Apple Watchや体組成計といったAI・IoTデバイスを使った方法がある。歩数や心拍数、心電図、血中酸素濃度、運動量などのヘルスケアデータをアプリに蓄積し、日々の健康チェックや改善の指標として活用できるのだ。このデータを基にして有名大学病院の医師が月に一度、入居者に健康上のアドバイスを行うという体制も家族側の視点からすればありがたいだろう。入居者が掲げた活動目標を達成するとポイントが溜まり、「ご褒美」が返ってくる仕組みも始まり、今後も注目だ。

気になる部屋の作りに関しては、入居できる部屋タイプが全5種類から選択が可能。IHキッチン、トイレ、浴室、エアコン、クローゼット収納といった基本的な設備に加え、段差が少ないバリアフリー仕様。ナースコールもあるので、万が一体調がすぐれない時にもスムーズに対応できる体制だ。歳を重ね、より自分らしく健康に過ごせるシニアライフを考えている方は、この機会に体感していただきたい。

マゼラン湘南佐島
※2021年12月7日現在の記事です。詳細はお問い合わせください。

others